マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
「アンヌ、僕は、僕はね…注射が嫌いなんだよ!」


しばらく前に家庭用のインクジェットプリンターを買い換えたことは書いたと思う。
購入したのは↓だ。



キャノンのピクサスMG6530。
以前から使用していた同じくキャノンのMP630が不調だったためだ。
実際に使ってみると…色々問題があったり(汗)
使いづらいのだ。
少なくとも私の用途では。
まず印刷用紙を差し込む背面トレイが無いこと。
これは最近のプリンターではほぼ常備されていないようで(埃を内部に入れないためか?)メーカーによっては背面トレイのある機種もあったが、他のスペックに問題があり結局使い慣れたキャノン製品にしたのだった。
MG6530には背面トレイはないが代わりに前面に用紙トレイが二つある。
一つはA4サイズ用。
もう一つはハガキサイズまでで用途が限られる。
MP630では前面のA4トレイに書類印刷用のA4紙をおさめておき、ラベル印刷やカラー用紙を使用する時はそのまま背面トレイで印刷していた。
が、MG6530ではA4紙が使用出来るトレイが一つしかないのでいちいちA4紙を取り出して新たに特殊な用紙をセットしてやらなければならない。
これが結構面倒くさいのだ。
ここまでは以前も書いた話だが…

私はコスト削減のために詰め替えインクを使用している。
以前計算したらMP630では約6倍のコスト差があった。
当然MG6530でも詰め替えインク使用前提で考えていた。
MP630ではキャノン純正インクカートリッジのインクが切れたらリセッターでインク残量を識別するICチップをリセットし、インクタンクに穴を開けてインクを注入、していたわけだ。
ところが!
今回のMG6530では純正インクタンクが黒いプラスチックケースになっており、インク残量を目で確認することが出来ない。
MP630のタンクは透明だったんだが…
また、本体のインク残量チェックをOffにする操作が複雑になっている。
まだリセッターが発売されてないようで、これをやっておかないとインク補充してもそのインクカートリッジは使用不可能なのだ。
これは…初めてインク補充を試す人には難易度高いだろう。

ま、要するに純正品を買え、ということなのだろうが、だったらもっと手頃な価格にして欲しい。
プリンター本体が一万円程度高価でも、インクを補充インクと同程度の価格で安く供給してくれるなら私は純正を買うぞ。
勿論プリンターには背面トレイを復活させて貰って。

注射器を何故買ったかというと…
インクタンクカートリッジがブラックボックス化されてしまって、目で見てインクを補充することが不可能になったので購入したのだった。
補充で溢れてしまうこともあるし、またインクの色によっては粘りがあるのかやたらと泡だってインクボトルからうまく注入出来ないことがあるのだ。
注射器ならカートリッジの容量がわかっていればその分だけのインクを注入出来る。
ちなみにMG6530に使用するBCI-350、351のXLサイズでは空の状態で20ccほど注入出来る。

というわけで注射器一つをAmazonで600円ぐらいで購入した。
役には立ってくれるが、玩具みたいな注射器が結構高い買い物だったなぁ、と思ったりもしたのだが…
今日、近所の100均ショップでほぼ同じような商品を発見した><
コスメ用品の棚にあったよ…
何に使うのかまでは説明を読まなかったが。
うーむ、何に使うのだろう?


↑詰め替えインク。


↑互換カートリッジだとこれが安かった。
一度試してみたが、イエローがまだ半分ぐらいあるのに印刷できなくなってしまった…(カートリッジはスケルトンでインク残量は目で確認できる)
カートリッジを代えたら普通に印刷できたのでおそらくカートリッジの問題かと。
しかし、安いことは安い…
↑いずれもAmazonリンク。

書き忘れる所だった(汗)
タイトルについて。
↓。



嬉し懐かしのウルトラセブン。
このパロディ、初めて聞いたのはもう○十年前だよなぁ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記