マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
スマートフォンの落とし物
昨日のこと。
朝、ふと気付くと見慣れないスマートフォンが。
母に訊いてみると、母が早朝店(二階は私の住処でもある)にやって来た時、店の前に置いてあった鉢植えが倒れておりその傍に落ちていたのだそうだ。
そういえば前日の夜12時ぐらいだったと思うがそれらしき物音を耳にしたことを思い出した。
何かが倒れるような物音と、男女の声。
女性がひどく酔っぱらっているようで、男性がそれを介抱している様子であった。
寝る直前だったしすぐに声が遠のいていったのでわざわざ外に出て確認はしなかった。
母によると拾ってから何度か着信音が鳴っていたようだ。
開店の準備をしている時、そのスマホに電話が掛かってきたのに気付いた。
持ち主本人かもしれない、と思ってスマホを取り上げようとしたらサイドのボタンに触れてしまったらしく、「ただいま電話に出ることが出来ません」状態になってしまった(汗)
どうやって解除すればいいんだ?と考えているうちに電話は切れてしまった。
私はガラケー使いでスマホのことはよくわからない(笑)

仕事も一段落つき、少し落ち着いてからスマホの着信履歴を見てみると、同じ電話番号から何度も着信が入っている。
多分ご本人だろう、と思った。
電話番号が表示されていたので電話してみると…
とある医療法人に繋がった(汗)
電話に出られた方はスマホの持ち主ではなさそうである。
事情を説明し、そちらの関係者の方だと思われるので何か心当たりがあればお電話下さい、とこちらの電話番号を伝えておいた。

やがて1時間ぐらいしてまたもや着信が。
今度は電話に出ることが出来た。
私「はい」
電話相手「…○村さんですか?」
と少し不審な様子の女性の声。
事情を説明する。
相手は○村さんと連絡がとれなくて困っている、とのことだった。
話しぶりからするとどうも仕事の同僚であるようだ。
スマホはご本人と連絡が取れればお渡しできるし、連絡が取れなければ最終的には交番に届けるつもりだと伝えた。
自分が代わりに取りに行きます、と申し出られたが物がスマホである。
誰にでも渡すわけにはいかない。
ではご迷惑をおかけしてもいけないので交番に届けて貰えますか?と言われたが…
実は拾得物の届け出って結構面倒くさいのだ。
身分証明をして書類を書かされて…30分以上はかかる。
受け取る時もおそらく同様だろう。
それを説明し、スマホは当然ロックされている状態なのでご本人が来られてパスワード入力、ロック解除できれば本人と確認してお渡しできる、と伝えた。
こちらの住所と電話番号を伝えて、電話主のお名前と持ち主の名前、連絡先を聞いた。
スマホの持ち主は女性であるようだ。
連絡先は先の医療法人だった。
看護師さんなのかな?

その後ちょっと外出。
郵便局へ(笑)
郵便局まで歩く道々考えていたのだが…
スマホの持ち主と連絡が取れない、と言っていた。
出勤していないとかだろうか?
だとすれば…ひょっとして事件、事故に巻き込まれたとか?
拉致?行方不明?
昨夜の物音では普通のカップルのように思えたが…
と少し怖くなってきた。
防犯カメラがあるので昨夜の様子も映像が残っているはずだ。
事件の可能性があるなら早い方がいい。

手早く用件を済ませて(こんな時に限って窓口が投資の案内を長々と始めたので急いでいるので、と断った)足早に帰る。
医療法人に電話して、親御さんなりにすぐに連絡して貰うつもりだったのだ。

で、帰ってみると…
「スマホとりに来たよ」と姉。
若い女性がその上司と思われる男性と一緒だったとか。
姉が男性を上司?と思ったのはその立ち居振る舞いからだけらしいが。
パスワードですぐにロック解除したそうだし、その女性が本人に間違いはないのだろう。
まぁ、取りあえず何事も無くて良かった。

郵便局には混み合うお昼休みになる前に、と思って11時30分ぐらいに出かけた。
私が出かけて帰ってくるまでおそらく20分ぐらい。
なのでとりに来たのはおそらく11時40分とかそのぐらいの時間だろう。
二回目の電話からスマホを取りに来るまで30分ぐらいしか時間は経っていない。

私の推測通り、無断欠勤だったのならば…
医療法人の同僚はどうやって連絡を取ったのか?
その女性の家に固定電話があったとしても当然連絡がつかなかったからスマホに電話してきたはずだ。
とすれば…その上司風の男性に連絡が入ったのか??

周囲公認の職場恋愛だろうか??
まぁ、いらぬ詮索ではあるな(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記