マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
夏の終わり…
今日は8月31日。
8月が終わると、なんとなく夏も終わり、って印象が私にはある。
実際はまだまだ暑いんだけど><
学生時代の夏休みの終わりを連想するのかな(笑)

と、いうわけで実は「サマーウォーズ」の感想を書こうと思っていた。
先日甥っ子が貸してくれたのだ(汗)
が、夕食後ふとテレビのチャンネルを変えると「全国高校生クイズ」をやっており、すっかり観入ってしまった。
なんだかんだで、クイズ番組ってのは好きなんだよな~~。
お笑い芸人の出演するクイズ番組はあまり観る気がしないが、ガチ勝負のクイズ番組は面白い。
知識も増えるし^^

「高校生クイズ」を観るのは何年ぶりかな~~、というぐらいしばらく観ていなかったのだが…
問題のレベル高い…
途中(順々決勝か?)から観始めたのだが、解答出来る問題がほとんどなかった(汗)
うぬぬぬ。
知識だけを問う問題ばかりでもなく、計算問題などもある。
数学や物理の問題はもはやお手上げ(笑)
もともと理数系は苦手なのだが…

とはいえ国語や歴史、地理の問題も難しい。
この学生さん達はよくこんな問題わかるな、と感心しきり。

最近歳のせいか、若い頃と比較して頭の働きが鈍くなったなぁ、と感じる事は多い><
昔は考える前に言葉が出てきていたものだが、そういう瞬発力はなくなった。
記憶力も…落ちているような気がする。
う~む。
なんとかなんないものかな?

番組を観ていて不満だったのはコメンテーターの無責任な発言の数々。
特に茂木健一郎とゴリと呼ばれていた芸人らしき人物(笑)

準決勝は記述問題で、問題毎にその道の専門家が解説をしていた。
「論語」に関する問題があったのだが、その問題の解説をされていたのが明治大学の加藤徹先生。
紀元前の中国のアンドロイドの巻を書いた折、文章をHPより一部引用させていただいたので名前を覚えていた。
実はこの時は加藤先生にメールで引用の許可をとったのである。
数日後、丁寧なメールでご快諾いただいたのだった。
お顔と声を拝見、拝聴するのは初めてで、「こういう方だったのか」と妙な感慨にふけってしまった(笑)
私は中国文学にはあまり詳しくないのだが、ひょっとしたら知る人ぞ知る有名な研究者さんだったのかな??
加藤先生、その節はどうもありがとうございました^^

テーマ:日記 - ジャンル:日記