マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
別れた元恋人にタトゥーを依頼した女性…とんでもないタトゥーを彫られる><
少々下ネタというか下品な話題で申し訳ないのだが…
こりゃあんまりだ…という可哀想なニュース。

浮気した元カノに復讐の「うんこタトゥー」を彫った男が訴えられる←画像有り。

以下引用。

2011年11月28日

信じていた恋人に浮気をされたら、「許せない!」と思う気持ちはわかる。しかし、復讐を試みるのは得策ではない。それが「うんこタトゥー」ならなおさらだ。

オハイオ州に住む刺青アーティストのライアンさんは、自身の長年の親友と浮気をしていた元カノに復讐をしたことで、逆に訴えられてしまった。

事の発端は、以前の恋人ロージーさんが、背中に刺青を入れてもらおうと彼に依頼をしてきたことだった。彼女の希望は、映画になったことでも有名なあの『ナルニア国物語』からのワンシーン。しかし、付き合っていた当時に親友と浮気された怒りがいまだ治まっていなかった彼は、あろうことか排泄物のタトゥーを彫ってしまった。しかも蠅(ハエ)付きで。

これは完全に笑えない。怒った彼女はライアンさんを訴え、10万ドル(約780万円)の損害賠償を請求した。すると彼は、タトゥーを彫る前に彼女は同意書にサインしたと主張。その同意書には、「刺青のデザインはアーティスト(それを彫る人)の裁量による」と書かれているという。

だが彼女は、「酒を飲まされ、酔った状態でサインをさせられた。酔い潰れているときにタトゥーを彫られて、気付いたときには背中が最悪なことになっていた」と同意書の不当性を主張している。

この訴訟はまだ決着しておらず、今後数カ月間は法廷で二人の争いが続くとのこと。裁判の結果が気になるところだが、いずれにしても彼女の背中から一刻も早くこのタトゥーがなくなることを願う。

参照元:VeryWeirdNews.com(英文)


リンク先の画像を見ていただければ…こりゃ可哀想、とどなたでも思われるのではないだろうか><
背中一面にとぐろを巻いたう○こ…オマケにハエがたかっている…
う○この漫画的表現ってアメリカでも変わらないのだな、と変なところで感心もしてしまったのだが(笑)
あるいはアメリカ式表現が日本に伝わったのか?

彼女が彫って貰いたかった「ナルニア」のタトゥーとはどんな物だったのだろう?と元の英文ニュースもざっと読んでみたが、具体的には書かれていないようだ。

Tattoo Artist Facing Civil Lawsuit←ソース元の英文ニュース。

アスランだろうか?リーピチープとか(笑)

エルフの耳はいつから尖っていることになったのか?を書いたときに、整形に関する私の考え方は書いたが、これ、タトゥーに関しても同じ。
結局自分の事なので自分で判断するしかない。
しかし、もし未成年の自分の子供が整形やタトゥーをしたいと希望してもそれは許さないだろう。
成人していれば意見はしても、とめはしないだろうけれども…

この記事を読んで気付いたのだが、私が散髪に行かないのもこういう事態を招かないためかもしれない。
散髪屋にはもう15年近く行っていないだろう。
長髪を後でポニーテールみたいにまとめているので基本散髪に行く必要がない。
長くなれば自分でハサミで切る。
この髪型だから散髪屋に行かないということもあるが、散髪屋に行くのが嫌だからこの髪型であるとも言える。
私は赤の他人に頭や顔を触れられるのが嫌いなのだ。
まして全く無防備な姿で、刃物を持った人間に背後に立たれる、というのは危険きわまりない状況だ(ゴルゴ13みたいだが^^)
散髪屋の亭主に恨まれるような覚えはないが(笑)そこまで赤の他人を信用して良いものかどうか…
何処かで彼の恨みをかっているやもしれない。
自分がいくら品行方正に過ごしているつもりでも、恨みや妬みを買うことはある。

また恨みや妬みはなくとも…地震なんていつおこるやらわからない。
もし、散髪屋の亭主のカミソリが私の髭をあたっていたときに、地震が来たら…と思うとゾッとしてしまうのだ。
顔や喉に大きな傷を負うかも知れない。
傷だけなら良いが喉を切り裂かれて死んでしまうかも…

と、まぁ想像は尽きないのだ(笑)

散髪だって、タトゥーだって、あるいは手術だって起こりうることだ。
私自身は整形やタトゥーなんてするつもりはないが、施術者のミスや地震のような事故を考えると恐ろしくて出来ない。
勿論、命に関わるような手術ならそんなことも言ってはいられないけれど。
ニュースでは見ていないが今回の東日本大震災の起こった時刻に手術中だった、なんて人もいるのじゃないだろうか…
想像すると怖い…><

この女性はお気の毒だし、タトゥーアーティストの男性が全面的に悪いとは思うが…少々用心が足りなかったのじゃないか?とは思ったりする。
一体どんな別れ方をしたのだろうか…

タトゥーって…消せるのかな?

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース