マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
「森のクマさん」の謎
誰もが知っている童謡、「森のクマさん」。
小学生の時、音楽の教科書にも載っていた。
ディフォルメした熊とドレスを着た女性(お嬢さん?)が手を取り合って踊っている挿絵があったのを覚えている。
この歌詞のストーリー解釈としては概ね↓のような感じなのだろう。



随分昔…それこそこの歌を初めて知った時かも知れないが、妙な違和感を覚えた。
何故熊は逃げろと言うのか?
危険があるから逃げろ!と言っている。
そしてお嬢さんもその危険を感じとっている。
だからこそ「すたこらさっさっさのさ~」ではないのか?

私は子供の頃以下のように解釈していたように思う。
熊はお嬢さんに食欲を刺激される。
しかしお嬢さんの可憐さに惹かれ見逃すことにする。
熊は自分のジレンマと闘っているのだ。
お嬢さんもそれを理解し、逃げ出すのだが何故か熊がついてくる。
ついに野生の本能が目覚めたのか?と思いきや…。
というストーリーだと思っていた。
しかしそれでもなんだか釈然としないものをず~~~っと感じていた(笑)。

10年ぐらい前にネットで「森のクマさん」を検索していたら↓のサイトさんが見つかった。

森のくまさんの謎該当ページ。

そういう解釈もあったか!と目から鱗だった。
なんとかサスペンス劇場みたいだが(汗)。
本文が長いのでごく一部だけ引用。

以下一部抜粋引用。

 ここで明らかにすべき最大の謎とは、「くまさん」の不可解な行動である。なぜ、「お逃げなさい」と言っておきながら、「ついてくる」のか。落とし物を渡すために「ついてくる」というほど親切であるのなら、なぜ「お逃げなさい」などと言うのか。
 本稿では、この謎について能う限り論理的に考察してみたいと思う。

 まず一般に流布しているのは、「どっちもバカ説」である。
 くまさんは襲いかかりそうになっていながら、落とし物を見た瞬間に、自分が「お逃げなさい」と言ったにもかかわらず、「お、落としてるがな、こらいかんがな」と追いかけてしまうのである。また、娘の方もイヤリングを受け取るなり、食われそうになったことを忘れて、お礼に歌うなどと悠長なことをしてしまうのである。少なくともイヤリングを受け取ったら、即座にきびすを返して逃げるべきであると思われるのに、である。
 たしかに、こう考えるといずれ劣らぬバカではあるが、一応つじつまは合う。そして、どちらかといえば小娘の方がバカ度は高い。呑気に歌っているバカ娘を見ている間のくまさんの心中が思いやられる。
「何をのんびり歌とんねん。こいつ食われてもええんか」
 とはいえ、これがおそらく順当な解決案のひとつとして一般には流布していると思われる。すなわち、両者の心中を簡潔に書いてみると恐らく以下の展開になる。
 くまさん「食うのは忍びないので逃がそう」
お嬢さん「きゃー」
くまさん「お、イヤリング落としてる。これは返しといてやろう」
お嬢さん「あら、拾ってくれるということは、安心していいんだ。お礼に歌おう」
 くまさん「アホかこいつ」
 しかしながら、私はこの説を支持しない。万物の霊長たる人間であろう「お嬢さん」の頭が悪すぎる。ましてこれは日本中の子どもが口ずさむ童謡である。子どもたちがこのバカ娘の真似をして、森で出会った熊の前で歌えば助かるとでも思い込んだらどうするのか。「小六、熊に襲われて死亡~なんと逃げずに歌を歌う~」などという新聞記事を前にして、作者はどう責任を取ろうというのか。


なかなか興味深い与太話…もとい考察である。
お暇な時にでも全文読んでみると面白いかも知れない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


作詞家山川啓介氏逝去
今日ちょっとショックだったニュース。

2017.7.26 19:02
「聖母(マドンナ)たちのララバイ」「時間よ止まれ」「勇者ライディーン」「宇宙刑事ギャバン」…作詞の山川啓介さん死去


以下引用。

 フォークグループ「青い三角定規」の「太陽がくれた季節」や矢沢永吉さんの「時間よ止まれ」の作詞で知られる作詞家の山川啓介(やまかわ・けいすけ、本名・井出隆夫=いで・たかお)さんが24日、死去した。72歳だった。

 長野県出身。昭和19年生まれ。「太陽がくれた季節」や「時間よ止まれ」のほか、岩崎宏美さんの「聖母(マドンナ)たちのララバイ」や中村雅俊さんの「ふれあい」「時代遅れの恋人たち」、ロックバンド「ゴダイゴ」の「銀河鉄道999」(共作詞)などヒット曲を多数手がけた。アニメ「勇者ライディーン」や特撮ヒーロー番組「宇宙刑事ギャバン」などの主題歌も作詞した。


ニュースで挙げられているタイトルが(いずれも懐メロだが)、ぴったり私の世代(汗)。



今ウィキペディアで調べてみたら、↑も山川氏だった。
薬師丸ひろ子氏主演の映画主題歌で、歌っているのは町田義人氏。
私は薬師丸ひろ子氏とは殆ど年齢同じなんだが(汗)、何時だったかテレビドラマでお母さん役やっていたのにびっくりした(笑)。

特撮やアニメの主題歌も多く手がけられていたんだな。
「サンバルカン」が山川氏だったとは知らなかった。
また、宇宙刑事シリーズは殆ど山川氏ではないか!
「若さってなんだ!」
「俺が正義だ!」
は山川氏の作詞だったのか…。



串田アキラ、先日動画を貼り付けた「ザブングル」の主題歌も歌っているが格好いいな♪
ヒット作多数だが、一番売れたのはおそらく「聖母(マドンナ)たちのララバイ」かなぁ。
この曲も好きだけど^^。



漫画家千之ナイフ氏が描くおかっぱの女の子のモデルが岩崎宏美だと知った時はちょっとショックだった(汗)。
同人作家時代にピグマリオンコンプレックス扱った作品を多数描いていたので気になった人だった。
エロ同人漫画家と言えなくも無いが…。
描く少女はことごとくおかっぱ頭。
後に商業誌デビューしてからはホラーテーマでありながらコミカルな要素も増えたような。
デビューしてからの作品は殆ど読んでないのだが・・・(汗)。

話が余所道に逸れてしまったが、山川氏のご冥福をお祈りいたします。

テーマ:ゲーム、アニメ、その他 - ジャンル:ニュース


映画「ダーク・シャドウ」を観ていた
先日、「私はテレビを余り観ない」と書いたばかりだが今日は金曜ロードショーでやっていた「ダーク・シャドウ」を観ていた(汗)。
夕食が遅くなって食事が終わる頃には21時過ぎていたのだ。
ぼんやり観ていたらどうやらヴァンパイア物映画。
主演はジョニー・デップ、監督ティム・バートンとのことで観ていたら結局最後まで観てしまった。
特別面白かった!という程ではなかったが…。
冒頭の過去語りを観てたら、「なんだこれ?殆どアン・ライスの『夜明けのヴァンパイア』じゃねーか」と思ったのも興味を惹かれた要因。
主人公自身の生い立ちはルイとレスタトを足して2で割ったようなキャラクターとして設定されていたかな。

今ウィキペディアを観てみたら、元々アメリカで1960年代に放映されたゴシック・ソープオペラなんだそうな。
ソープオペラって何だ?と思ったら日本で言う所謂「昼ドラ」のことなんだそうで。
ということは主婦向けのドラマだったのか?
「奥様は魔女」とかと同じ扱いなのかなぁ。

以下少しだけネタバレあり。

特に感想を書くほどのものではないのだが、ちょっとびっくりしたのは主人公の遠い血縁にあたる現代の少女が狼男(女?)だったこと。
前半あまり真面目に観ていなかったのでひょっとしたらそれらしい伏線あったのかもしれないが、私は気付かなかった。
唐突すぎてびっくりしてしまった。
多分、笑うべき所だったんだろうけど。

しかしこの作品も…「夜明けのヴァンパイア」の元ネタの一つになっていそうだな(汗)。
200年前にアメリカに移住してきて成功した家の息子がヴァンパイアになる、とか経緯は異なるが似ている。
舞台はニューイングランドのメイン州となっていたから、魔女が出てくるのはセイラムが意識されてるんだろうな。
当時のメイン州はマサチューセッツ州の飛び地扱いだったはずだし。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画


声優野沢雅子氏のモノマネ芸人
以前も書いたが私は殆どテレビを観ない。
夕食時にちょこっと観るぐらいで。
その時のタイミングによるが殆どニュースかニュースバラエティ、またはクイズ番組かドキュメンタリーぐらい。
ドラマとかは基本観ない(今日は「直虎」を観てたが/笑)。
お笑い番組とかも基本観ないので最近の芸人とかは殆ど知らない。
…そりゃさんまやタモリは知っているけれど。

先日Youtubeで動画を観ていたら声優野沢雅子氏のモノマネ芸人の動画が。
アイデンティティ?だったかな。
有名な人なのだろうが私は知らなかった。
というか、初めて知ったが「ドラゴンボール芸人」なんてジャンルがあるんだな(汗)。
観てみたら結構面白かった(笑)。



↑動画、少し音声が良くない…。

悟空のモノマネ、かなり上手いと思った。
もちろん荒々しさはあってそっくりそのまんまとは言えないが。
言葉遣いが悪いのはネタだろう(笑)。
ネタの作り方もうまいんだろうな。
笑ってしまった。

関連動画を観ていたらベジータのモノマネをする人もいるようだ。
若い頃のベジータ声優堀川亮氏の声にそっくりでこれまたびっくり。

野沢氏のモノマネが出来るなら、ゲゲゲの鬼太郎とか星野鉄郎とかも出来たらネタ拡がるかな(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


Gメン75!!
昨日の続きというかなんというか。
「キイハンター」の動画を観ていたら関連動画で「Gメン75」の動画が。



…改めて観てみると、時代劇必殺シリーズの出演者が案外多い。
京本政樹とか伊吹剛とか。
同じ東映系だからか?
東映系時代劇を含めるともっと多くなる…ってか殆どの人が時代劇俳優もしているような。
千葉真一主演の「柳生一族の陰謀」や「影の軍団」に出演している人が多い気がする。

特撮系ということなら、昨日も書いた宮内洋(V3以外にもレンジャーものなどに多数出演)、「ウルトラマンタロウ」の篠田三郎などが出演していたようだ。
京本政樹の特撮好きも有名だし。
色々トラブルのあった清水健太郎も出演してたのか(汗)。

時代の流行によるものもあるのだろうが…みんな顔が濃いな(汗)。
メイクの影響もあるのだろう。
男女ともに。

子供心に夏木陽介が渋く格好良くて、今その線を狙ってるのだが無理かな(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記