マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
漫画家新谷かおる氏、休筆宣言
基本タイトル通り。

新谷かおるが休筆宣言 漫画家生活45年『エリア88』など代表作 「感動をありがとう」の声
HuffPost Japan | 執筆者: 安藤健二 投稿日: 2017年04月27日 14時50分 JST


以下引用。

『エリア88』などの作品で知られる漫画家の新谷(しんたに)かおるさんが4月26日、Twitterで休筆宣言した。新谷さんは1972年にデビュー。漫画家生活は約45年に及び、ファンからは「長い間お疲れ様でした」「感動をありがとうございました」など、長年の活動をねぎらう声が相次いでいる。

新谷さんは26日、月刊コミックフラッパーで連載中の「クリスティ・ロンドン マッシブ」最終回の原稿とともに、「これで漫画家として、一旦筆を置きます」と公式Twitterに投稿した。この日66歳の誕生日を迎えたことを明かした上で、「一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました」と綴っている。

公式八十八夜 新谷かおる・佐伯かよの @siomiso88
昨日、「クリスティ・ロンドン マッシブ」の最終回を脱稿しました。これで漫画家として、一旦筆を置きます。そして今日は66歳の誕生日。一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました。
2017年Apr26日 22:35 · Nerima-ku, Tokyo
7,787 7,787件のリツイート 6,647 いいね6,647件

■新谷かおるさんとは?

ニコンイメージングのインタビュー記事によると、新谷さんは1951年、大阪府豊中市生まれ。高校卒業後、1972年、りぼん秋の増刊号に掲載された『吸血鬼はおいや?!』で漫画家デビュー。山岸涼子、松本零士らのアシスタントを経て、1977年に独立した。

架空の国家の傭兵パイロットを描いた『エリア88』、バイクレースのライバル関係を描いた『ふたり鷹』はアニメ化もされた。メカニックの緻密な描写に定評がある一方で、『クレオパトラD.C.』『砂の薔薇』など女性を主人公にした作品も多い。

■休筆へのファンからの反応

新谷さんの休筆宣言に対して、ファンからは長年の活動への感謝の思いを綴るツイートが次々と寄せられている。


実は最近の作品は余り読んでいないのだが、この方の作品は非常に好きだったりする。
「エリア88」が代表作だろうが…「クレオパトラDC」や「エラン」「砂の薔薇」も好きだったな~。
現代を舞台に異国で戦う日本人傭兵を描いた漫画家というのはこの方が初めてではないだろうか?
しかも私が知る限り長編で三作も描いている。
「エリア88」、「ジャップ(後に改名して「バランサー」)、「砂の薔薇」。
空軍パイロット、特殊任務を担う武装工作員、対テロ専門の民間軍事組織という違いはあったが。

「ジャップ」は命名に当たって連載誌である「週刊少年サンデー」編集部に何度も何度も確認を取ったのだそうで、その上でOKを貰ったのに連載開始直後に改名を命ぜられたとかなんとか(汗)。
とある雑誌で愚痴ってたな(笑)。
ヨーロッパで活躍するハードボイルドな一人の日本人傭兵が主人公だったが、タイトル改名直後に主人公は死亡(死体は見つからず)。
以後、主人公が忍者の少年に変更され(汗)はちゃめちゃなストーリーながらも一応完結を迎えた。
作者、おそらく自暴自棄になってたんじゃないかな(笑)。

「砂の薔薇」は東西冷戦終結直後の時期を扱った作品で、対テロリズムが前面に押し出されている。
このあたり目端がきく人なんだろうな、やっぱり。
ストーリー的にもドラマ的にも新谷氏の最高傑作の一つだと思う。
以前も書いたが、甥っ子がミリタリー系に目覚めた時に貸したら絵柄が受け付けなかったようで全話読まないままに返ってきた。
絵柄少女漫画みたいなんだよな、この人。
内容は結構ハードなんだが…。
いや、主人公補正はあるか。

最近の「クリスティ」はちょっとしか読んでいないが、ホームズの姪っ子を主人公としたホームズもののパスティーシュ。
噂では面白いとのことで、今回完結したのを機に読んでみたいと思っている。

奥さんである佐伯かよの氏作画、原作新谷氏でヴァンパイア物も描いておられたようだが、これは完全に未読でこれも読みたい。

何はともあれお疲れ様でした!

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック


アニメーター塩山紀生氏逝去
またしても昭和の偉大なクリエイターが亡くなられた。

2017.4.14 12:18
埼玉・三郷団地火災で亡くなった無職男性 人気アニメ「装甲騎兵ボトムズ」のキャラクターデザイナー、塩山紀生さんだった


以下引用。

 埼玉県三郷市彦成で13日未明に起きた団地火災で、亡くなった無職男性が、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」などのキャラクターデザインを手がけた塩山紀生さん(77)だったことが14日、県警吉川署への取材で分かった。同署は家族から確認を取ったとしている。

 火事は13日未明、「UR都市機構みさと団地」8階の一室が全焼し、焼け跡から塩山さんと妻の時子さん(85)の遺体が発見された。同署によると、台所の焼け方が激しいといい、出火原因を調べている。

 塩山さんはアニメ「無敵鋼人ダイターン3」「太陽の牙ダグラム」「装甲騎兵ボトムズ」などのキャラクターデザインや作画監督を担当し、「ボトムズ」の主人公、キリコ・キュービィーなどには現在も根強いファンがいる。

 平成27年に東京・上野で開催された「メカニックデザイナー大河原邦男展」では、キャラクターデザイナーとしてギャラリートークに出席していた。


↑で記述されている「装甲騎兵ボトムズ」は私の大好きな作品だったりする。
塩山氏の描かれるキリコはもう見れないのか…。
ご冥福をお祈りいたします。


装甲騎兵ボトムズ OP ED 投稿者 anitokuoped

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック


「けものフレンズ」の事
先週のことだが、甥っ子が「けものフレンズ」観たことある?と訊いてきた。
勿論観たことはない。
というかどういう作品かよく知らなかった。
名前こそネットで見かけたことはあるが…。
テレビアニメ番組であるらしい。
甥っ子曰く第一話だけは観てみたけど続きは観ていないとのこと。

知り合いのブログで少しだけ話題に上っていたので一話だけ観てみることにした。
…5分でギブアップしてしまった><。

基本的な世界観とかはさっぱりわからなかったが…余り後悔はしていない(笑)。
しっかり鑑賞もしていないので批判のしようもないのだが、私には合いそうになかった。

最近はテレビアニメなど殆ど観ていないが、一つだけ観ている作品がある。
「ドラゴンボール超」である。
現役のテレビアニメとしては唯一私も原作作品を観ていた(読んでいた)作品の続編なので、世界観に違和感はなく(新シリーズなので多少はあるが)キャラクターも理解出来るので、観やすいのだ。
何故観ているかというと、一応学童の仕事向け。
子供との接点が持ちたいからである。
実際男子生徒の殆どは「ドラゴンボール超」観ているみたいだし。

先日夕食時にクイズ番組をやっていて何となく観ていたのだが…。
とあるディズニーマニアのタレントさんが、ディズニーキャラの名前を50問連続で答えられるか?ってのをやっていた。
「眠れる森の美女」の敵役魔女の名前を問う問題が中級問題で出てきたが、画像が出てきた瞬間に「あぁ、マレフィセントだ」と思わず声に出していた(笑)。
CGアニメ化された最近のディズニー作品は殆ど観ていないが、「眠れる森の美女」は私の最も好きなディズニーアニメかもしれない。
マレフィセントは悪の魔女としての存在感がずば抜けている。
大好きなキャラクターだ^^。


【アニメ】 眠れる森の美女 (日本語吹替)1/2 投稿者 colocolococolo

わりと最近マレフィセント主役で実写映画化もされてたな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


藤子・F・不二雄のSF短編
以前もここに書いたけれども、藤子・F・不二雄氏のSF短編集を学童保育の教室の文庫に寄付した。
それほど深い意味は無かったのだが、先任の指導員に漫画の寄付を募られたことと全集を持っていて内容が被っている文庫があったから。
私が藤子・F・不二雄氏のSF短編を読んだのが丁度小学生の4~5年ぐらいで(「流血鬼」だった)、まぁ大丈夫だろう、と思ったのだ。

私が寄付したのは小学館文庫の「気楽に殺ろうよ」と「箱舟はいっぱい」の二冊。
表題作もいろいろアレだが(汗)、「カンビュセスの籤」「ノスタル爺」「定年退食」なども収録されている。
小学生の反応が気になる、ってことは以前も書いたと思う。
彼らがこれらの作品をどのように受け止めるのか?興味があった。
ちなみに「火の鳥」は全巻置いてあったりするので、上記の藤子作品も特に問題無いと思えた。

時々児童が手にとって読んでいるのは確認していた。
しかしすぐに飽きてしまうのか、また放置されていた。
が、ここ数日何度もこの二冊を読み直している男子生徒がいたりする。
まだ三年生なのだが。

私が観る限り今の保育の場でも彼はかなり精神的に幼い印章だし…多分漢字が読めないだろう。
ルビがふってないのだ、この本は。
成年向けの雑誌に掲載されたはずだし、「籤」なんて読めるはずがない。
しかし読んでいる・・・というかよく観察してみると、本の最初の方を読んでいたり後の方を読んでいたりと短時間でめまぐるしい。
ひょっとしてエッチな描写のあるページだけ読んでるんじゃないだろうな??と思った(笑)。

エッチな描写と言っても藤子・F・不二雄氏の絵柄なので知れてはいるのだが…。
ちょこっと女の子の裸体が描かれていたりとか。
藤子氏の絵柄は以前も書いたが人形を模写しているような絵柄であまりエロティシズムは感じないが、小学生にはどうだろう?
まぁ、あくまで私の推測にしか過ぎないが(笑)。

「左江内氏」ドラマの最終回にはパーやんが登場するのかな^^。

 

「中年サラリーマン左江内氏」テレビドラマ化
実は知らなかった。
夕食時なんとなく「仮装大賞」をぼんやり観ていたのだが、番組終了とほぼ同時に番宣が。
ちょっとびっくりした。
藤子・F・不二雄氏原作漫画としてはドラマ化しやすい作品だとは思うのだが…。
一応観ておくか、と思って観始めたのだが最初の10分でギブアップしてしまった><。

何故登場人物のキャラクター解釈をここまで変更する必要があるのか?
主人公左江内氏が親父ギャグを飛ばすイケイケ?な軽いノリの人物になっていたり、その妻が左江内氏に暴言を吐いたり。
面白く感じないのはそれだけが理由という訳でもなく、物語に全然引き込まれなかったのだった。
「漫画が原作なのだから漫画的演出にしよう」という意図なのだろうか。
ひとつひとつの演出、演技がいちいち大げさでメリハリもない。
あからさまに左江内氏を落として上司にこびを売る社員が登場したが、リアリティがなさ過ぎというか…。

左江内氏の勤務する会社が「フジコ建設」だったり、息子の通う小学校が「骨川小学校」だとかそんな遊びは作品が鑑賞に堪えるだけの力を持っていてこそ面白いのであって、観ていてかえって不愉快だった。

面白くなかったのは今回だけだったのか?
今回が第2回だったようだが。
初回の視聴率は12%程度あったようである。
初回の動画が見れれば、見てみよう。



↑Amazonリンク。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース