マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
まんが甲子園!
こんなのがニュースになっていた。

2017.8.6 21:42
まんが甲子園、海外勢初V…韓国から参加の全南芸術高


以下引用。

 高校の漫画ナンバー1を決める第26回全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)の決勝が6日、高知市で行われた。韓国の全南芸術高が海外勢として初の最優秀賞に選ばれ、国内外から応募した307校の頂点に立った。今年から海外の学校も決勝進出が可能になっていた。

 決勝のテーマは数字だけの「123」。優勝した全南芸術高は、三つ子のどれがどの子か分からず困る母親のために、美容師が子供らの髪形をそれぞれ123の数字の形にしてしまうというコミカルな作品を描いた。

 漫画を専攻する学生らから成績順で5人のメンバーを選抜。リーダーを務めた2年生の女子生徒ナム・スビンさん(16)はテーマが日本語で、韓国人の理解と異なる点に難しさを感じながらも「努力したから自信はあった」と涙ぐんでいた。

 2位は福岡県の北海道芸術高福岡サテライトキャンパス、3位は栃木県の県立栃木女子高だった。

 5日の第1次競技で勝ち残った15校と敗者復活戦で選ばれた5校を加え20校が決勝を争った。海外勢では韓国と台湾から1校ずつが決勝に進んでいた。
←画像有り。

受賞したのはどんな作品だったのだ?と思って画像を見てみた。
私の素直な感想としては北海道芸術高と県立栃木女子高の作品の方が一位の作品より面白いような…。
ハングルで書かれていてニュース本文を読むまで意味がわからなかった、ということもあるが顔の見分けの付かない子供に髪型で見分けが付くようにした、というニュースを読んだことがあったので二番煎じのように思えた。
ブログでも取り上げたんじゃないかな?と思って検索してみたらあった。

中国式四つ子の見分け方

偶然かも知れないが…。

個人的に一番面白いと思ったのは北海道芸術高の作品だった。
意外性があって楽しい。
絵も可愛らしくて、作品にあっている。

言語の壁が最初からあるのだから、国内大会で良いのでは?とも思った。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


角田信朗が北斗の拳のジャギ?
本日目に着いたニュース?。
なんだこりゃ。

角田信朗、舞台「北斗の拳」ジャギ役で“再出発”
[2017年7月24日18時2分]


以下引用。

 角田信朗(56)が9月に出演する舞台「北斗の拳-世紀末ザコ伝説-」のPRのため24日、大阪市北区の日刊スポーツ新聞社を訪れた。今年1月、松本人志との長年の「誤解」を解こうとアップしたブログが原因で逆に批判を受け、公での活動を控えていた。「自分を見直す機会を得ました。いま話題の将棋で言うと、“歩”に戻って指し直しです」と語った。

 今回の舞台は、漫画の中でケンシロウらに瞬殺されていたザコが主役。「ザコにはザコの生き方がある。再スタートにはふさわしい」という。演じるのは北斗4兄弟の1人、ジャギ。4日に都内で行われた制作発表会見では、角田はジャギのトレードマークのフルフェースのヘルメットをかぶり、正体を明かさぬまま登壇していた。

 自分と向き合う日々のなかで、挑戦中のボディビルでも苦しいトレーニングを続けてきた。8月6日に日本クラス別選手権、9月3日には大阪ボディビル選手権に出場する。仕上がりは順調で、昨年の同時期と比べると、脂肪を減らしながら体重を3キロ増やす筋肉量のアップに成功しているという。「ここで何としても結果を出したい」と並々ならぬ闘志を燃やしている。
←画像有り。

角田信朗と言えばしばらく前に格闘家として名をはせた?人物。
一時期夕方のNHKの子供番組にも出演していたよーな。
最近すっかり名前を聞かなくなったな、と思っていたらトラブルで出演自粛していたのか。
で、この舞台「北斗の拳」なるものがなんなのか気になった。
プロレスの興行?あるいはお笑い系の演芸か?と思ったら…。
どうやら舞台演劇のようだ(汗)。

舞台「北斗の拳-世紀末ザコ伝説-」

…北斗の拳の雑魚(やられ役)だけでストーリー作ったのか。
しかし北斗の拳においてジャギは雑魚か?
ケンシロウの圧倒的強さの前には確かになすすべ無かったが、あの世界では十分に強い存在だった。

以前神話における英雄のことをブログに書いたけれど、北斗や南斗の拳法を操る達人は北斗の拳世界では魔であり神であると思う。
常人には決して倒せない存在。
ごく初期に登場する悪役、キング(シン)の部下スペードやダイヤなら常人でも倒せるかも知れない。
こいつらも大概化け物なんだが。
銃なり石弓なりで遠距離攻撃出来れば倒せるだろう。
が、ジャギは倒せまい。
銃なら倒せる可能性は常識的に考えてあるはずだが、あの世界の摂理に矛盾している。
つまり前述したように彼は魔だからだ。
魔は同じ力を持った神の力でしか滅ぼせない。
同様の(超常的な能力を持つ)拳法の達人によってしか倒せないのである。
ジャギを雑魚と一言で片付けるのはどうなのか?
私的にはアミバもこのクラスで一概に雑魚とはいえないだろう、と思っている。
じゃ、線引きはどこ?と言われると悩むところでもある(笑)。
ハートとか牙一族の首領とか獄長ウィグルあたりも明らかに常人離れした強さを誇っていた。
しかしケンシロウには赤子の手をひねるようにやられてしまうので(人質とられて苦戦したりはしたが)神話の怪物レベルなのかな(笑)。
北斗の拳の雑魚って、やはり最初は民衆相手に大口叩いて恫喝しケンシロウに一突き入れられて命乞い、「お前は既に死んでいる」でやられちゃうレベルの奴らだと思うのだが。

ちなみに↑のニュースのジャギコスプレ。
ジャギの肩のトゲトゲに手が重なっていて、最初観た時にダブルピースしているように見えた(笑)。
随分フレンドリーなジャギだな、と^^。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック


アニメ版「ベルセルク」を観てみた紹介・感想
おそらく第三期があるのだろうから、今のところの全話となる。
ちょうど私が原作を読んでいるところぐらいまでで、いい感じだった(笑)。

以下ネタバレ満載なのでご注意。

数日前もコメントレスで書いたが、あの長い話を最初からやるのか?と少々疑問だったのだが、所謂「黄金時代編(主人公ガッツの生誕から鷹の団終焉まで)」は見事なぐらいにカットされていた。
おそらくだが、今回の作品の前に公開された映画版「ベルセルク 黄金時代編」で補完されている、という前提なのだろう。
キャストの声優陣が基本変更無いようなので、テレビアニメ版の前編的な扱いなのかも。
このあたりのシリーズ構成は特定のファン層相手には成功していたかもだが、テレビ版のみの視聴者には少々不親切かもしれない。

アニメーション的に特に不満は無かった。
ただ主人公ガッツの異様なまでの執念と人間離れした強さはうまく表現できていた気はするのだが、その前提となるグリフィスが鷹の団を裏切る最初の蝕が描かれていないのが残念。
これは前述の通り、映画版前提であるからかもしれないが。
あと少し作画が荒い回があったかな。
キャラクターの表情が歪んでいたり?と感じた回があった。

パックとイシドロの掛け合いとか、コミックリリーフ的な本来の役割がうまく表現されていたとも思う。
「黄金時代編」には二人は登場しないもんなぁ…。
再び仲間を得たガッツの描写もよかった。
自分では合理化しているけれど、シールケへの思いやりなど今までのガッツではあり得なかった。

観ていて思ったのはTRPG「ウォーハンマー」の世界はこれに近いのでは?ということだった(汗)。

現在コミックを現在進行形で読んでいないのだが、また読みたくなった。
死ぬまでには完結させて欲しい…三浦先生!

↓もネタバレ満載なのでご注意!

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック


「けものフレンズ」は面白い?
昨日甥っ子が遊びに来ていた。
なんでも飲み会の運転手役を仰せつかったらしいが約束の時間まで時間があるとのこと。
「それって飲めないって事?」と訊いたら、
「その代わり会費無料、ふぐ刺し一気食いしてくる!」
とのこと(笑)。
姉夫婦も同席するはずだから、口だけで実際にそんな行儀の悪いことはしないだろうが。

で、少し話をしていた。
このブログにも以前書いたと思うが、「けものフレンズ」を観てみようとしたが5分でギブアップしてしまったことを話した。
「5分でギブアップはもったいない」と甥っ子。
実は私が観たのは「けものフレンズ」では無かったのではないかな?とその後懸念していた。
タイトルが出る前に観るのを辞めてしまったし…何となく作品の世界観や絵柄が異なる様な気がしたのだ。
その事を甥っ子に話してみたところ…。
「いや、それ「けものフレンズ」に間違いないよ」
と、断言されてしまった(汗)。
2話まではとにかく辛抱して観るしかないんだと。
うーむ。

そのうちまた機会が有れば観てみよう…。

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック


ゴジラアート、撤去。
わりとうちの近所の話題…。
全然知らなかった(汗)。

流木ゴジラ、地球追われる? 山口の海岸で制作進むも
朝日新聞デジタル 5/23(火) 3:00配信


以下引用。

 漂着した流木を拾い集めてつくった巨大なゴジラが山口県光市の虹ケ浜海岸に出現した。海岸の美化を兼ね、介護職員の重山洋一さん(56)が2年前から取り組んでいる流木アート。「クオリティーが高い」と訪れるファンも多いが、風などで倒れる危険があるとして、県周南港湾管理事務所が撤去要請を検討している。

【写真】虹ケ浜海岸にそびえる流木ゴジラ。「撤去」を知り、ファンが記念撮影に訪れる=光市

 21日夕。島影に赤々と沈む夕日をバックに流木ゴジラを撮ろうと、数人がカメラを構えていた。広島から来たという2人組の女性は「撤去されるらしいと知り、記念撮影に。とても残念です」と話した。

 海岸に流木ゴジラが現れたのは今月になってから。近くの社会福祉法人に勤める重山さんが1カ月ほどかけて漂着した流木を拾い集め、組み立てた。高さは5メートルほどもあり、足元には木片で「祈 東日本九州熊本復興」の文字が並ぶ。

 「夕日を背景にしたシルエットがお勧めです。まだ制作途中で、今後、全身に木ぎれをはり付け、夏までに完成させるつもり」と重山さん。

 流木アートを始めたのは2015年から。昔から「白砂青松」で知られる虹ケ浜海岸だが、漂着ゴミや流木が押し寄せ、夏場はほぼ毎日、市の委託業者が機械で清掃している。「若い人たちに海岸の美化について関心を持ってもらうには」。思いついたのが流木アートだった。

 昨年はアニメ映画「風の谷のナウシカ」に登場する巨大生物「王蟲(オーム)」と「巨神兵」を制作。細部までこだわった完成度の高さがツイッターなどで話題になった。

 「今年はそれ以上のものを」と、とりかかったゴジラの制作。が、海岸を管理する県周南港湾管理事務所が存在に気づき、19日に「危険性」を指摘。「応急措置」として、重山さんが流木で囲った柵の外周に、さらにロープを張り巡らし、「立ち入り禁止」の札を下げた。

 事務所の担当者は「いったんは撤去をお願いしたが、重山さんから制作の趣旨をうかがい、現在、持ち帰って検討中。(撤去を求めるかどうか)結論はまだ出ていない」と話す。流木アートなどの構造物は海岸法上の許可が必要だが、届け出はなかったという。

 重山さんは「撤去を求められれば残念だが、従うしかない。未完成のまま消えていくゴジラも悪くないかもしれない」と話す。(三沢敦)
朝日新聞社


全国版のニュースにもなっているようだが、全然知らなかった(汗)。
光市虹ヶ浜海岸は…子供の頃毎年のように海水浴に行っていた。
…もう二十年ぐらい行っていないが。
JR駅から歩いてすぐの場所にあり、利便性も良い。
たしか日本でも有数の遠浅海水浴場だったはず。
ごく稀にサメが迷い込んだりして閉鎖されることはあるが(汗)。
また地名が縁起がいいとかでJRの切符が(記念品として)よく売れるなんて話も聞いたことがある。

↑のニュースは数日前のものだが、今日もいくつかニュースになっていた。
動画付きのものもあったが、取りあえず↑を紹介。
ニュースによっては製作者の重山さんを「流木アーチスト」として紹介しているものもある。
文中にある王蟲や巨神兵の画像は↓で見られる。

グーグル画像検索

正直余り出来は良くないような(汗)。

以前も書いたと思うが義兄がゴジラ好きで(メルアドにゴジラの名前が入っている)、カメラが趣味でもあるし撤収されるならその前に写真撮っておいたらどうだろう?と思って先ほど電話してみたら…。
当然の如く知っていて、しかも製作者は知り合いなんだと(笑)。
…田舎の世間は狭い。

公有地に建てられているのなら、撤去はやむを得ない。
ってか安全面を考えれば当然だろう。
そのあたりはもう少し考えて欲しかったが(事前に許可を得るなど)、面白い試みだとは思った。
…ゴジラは完成していないようだが、もう少し出来映えが良ければなお良かったかも?

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース