マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
正月にアミューズメントパークへ行く夢
帰ってから少し昼寝したらへんてこな夢を見たので記録。

正月の二日目。
私は子供を十数人引率してアミューズメントパークへ遊びに行く。
屋内型の施設で、建物に入ると古くさいアトラクションやビデオゲームの数々が。
と、突然野外に。
これまたレトロな雰囲気。
ステージがあったので近寄ってみると、ホームドラマのセットのようなものが作られていた。
これも昭和っぽいイメージ。
そこではなんと…私の親戚が数世帯集まり宴会が開かれていた。
親戚の一人に見つかり私もステージに上がることに。
挨拶をしていると、遠縁の白髪の男性二人につかまった。
「○○家(親戚の一つ)が土蔵を壊して祖先の霊を祭る霊廟を建てたがどう思うか?」
と訊かれる。
私にはさして興味のない話だったので「古い土蔵を壊したのは残念でしたね」と無難に答える。
と、老人二人は一瞬目を丸くして怒鳴り始める。
「霊廟はどうなんだ!」と。
「○○家のことなので口出しすることでは無いのでは?」と答えるとこれまた怒鳴りつけられる。
どうも祭祀の仕方がどーのという話のようで、彼らの気に入った答えを私が返さなかったのが不満だったようだ。
まわりに聞こえないように声を潜めて、
「おじさん、私は神を信じていないし他者の宗教的な在り方などどうでもいいんですよ」
と言うと口をあんぐり開けてあきれ顔をしていた。
まだ怒りは収まっていなかったようだが、それ以上話が長くなる前にその場から逃げ出した。

ステージを降りると施設のスタッフらしい人物に話しかけられ、アトラクションに協力してくれと言われる。
ステージショーのお手伝いだそうで、サクラでもやらされるのだろうと了承したら「これに着替えて下さい」と。
それは戦隊シリーズ「太陽戦隊サンバルカン」のバルパンサーの衣装だった!!
着替えはしたもののその後の指示はなく、施設内を歩き回っていた。
建物の角を曲がって階段を上がろうとすると…なんと二人のバルパンサーが戦闘員と戦いながら階段を下りてきた!
私は慌てて回れ右。
逃げ出す。

その後色々あって(このあたりは良く覚えていない)ステージ前に場所を移してバルパンサー三人で大立ち回りを演じ、敵の首領を倒した。
敵の首領はデーモン木暮みたいなメイクをしたフルート吹きの怪人。
フルートの先を耳に押し当てられ命令をささやかれるとそれに逆らえない、という特殊能力を持っていた。

その後何故か私はステージ上の親戚の宴会に戻る。
親戚のおばさんが「今の撮影していて、今日の夕方には放送されるらしいよ」と言われる。
時間になってテレビのスイッチを入れると確かに放送されていた。
ニュースでは無くて、戦隊シリーズの一話分として。
4時間で編集したんだすごいな、と感心。
私が逃げ出すところもばっちり写っていて少し恥ずかしかった。


二つ以上の夢がこっちゃになってしまっている印象。
途中から子供達は姿を見せなくなった。
親戚として登場した人達は見も知らぬ方ばかりだった。
霊廟云々は…ちょっと思い当たる節はあるが特にトラブルになったわけでは無い。
一番謎だったのはサンバルカン。
しかも三人バルパンサー(汗)。
演じた小林朝夫氏は故小林亜星氏の実子で、作中でも親子役で共演していたな。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


頭が痛くなる夢
今日は夢を覚えていたので記録。
とはいっても一部だけだが。

なんだか頭が痛くて、手で頭を抑えると異物の感触が。
髪をより分けてその異物に直接触れる。
直径1cmぐらいの金属が指に触れる。
すぐにわかった。
画鋲が頭に突き刺さっているのだと!
しかも4~5本。
用心しながら抜くと頭痛は感じなくなった。
手で傷口に触れると少し血が出ているようだ。
消毒しておかなければ、と思うのだが猛烈に眠くなってそのまま寝てしまった。

頭痛は傷の痛みというより頭が重い感じだったかな。
画鋲を抜くと楽になった。
夢の最後の部分当たりでは半分目が覚めかけていて、実際に眠くて寝てしまったような印象だ。
「この画鋲、脳まで届いてるのかな?」とか思ったような記憶が(汗)。

何故こんな夢を見たかというと…おそらくだがサンダルの裏側にまたもや画鋲が突き刺さっているのを昨日発見したからだろう。
以前もこんなことがあった。
お店の掲示物から画鋲が外れるんだろうな…。
そしてそれを踏んづけてしまう、と。

皆さんもお気を付けて><。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


豆トリケラトプスの夢
今朝方へんてこな夢を見たので記録。

私は友人宅(中年のご夫婦)の家にお邪魔している。
何でも最近新しくペットを飼い始めたんだそうだ。
と、隣の部屋から豆柴ぐらいの大きさの何者かが私に突進してくる。
どんっ、とお腹に突き当たる。
少し痛い。
攻撃してきたというより、単に見知らぬ人に興奮しているようだ。
で、この動物は何だ?
上から見ると超小型のゾウ?サイ?カバ?と思ったが…。
そいつが顔を上げるとなんとトリケラトプスだった!
ツノは手入れされてるのかもともとそうなのかわからないが、尖端は丸っぽくて人を傷つけるようなものには見えない。
まだ少し興奮しているようだが、遊んでやっているうちに仲良くなった。


なんで豆柴ならぬ豆トリケラ?
結構可愛かったけど^^。

もう一つ見たのは高校生の自分が出てくる夢。

高校生の私には仲の良い女友達がいる。
相手も同じ学校の生徒だ。
密かに恋心を抱いていたりするのだが、付き合っているわけではない。
彼女は自転車で通学している。
下校時少し暗くなっており一緒に帰ることに。
広い道路があるのに、何故か彼女は道路沿いに作られた自転車のタイヤの幅ぐらいしかない高さ一メートルぐらいの自転車道を通って帰るという。
私ははらはらしながらそれを見ており、何故か(自分も自転車に乗っているはずなのに)彼女のタイヤが自転車道から逸れないように手でタイヤを抑えている。


という夢。
これも訳わからん(笑)。
サーカスの曲芸並みのことをやっていたな、その女の子(汗)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


エイリアンの出てくる夢(汗)
以前も同じような夢を見た記憶があるが、映画「エイリアン」のエイリアンが登場する夢を見た(ギーガーデザインのアレである)。

古めかしくも庶民的な日本風住居。
中庭がありそのぐるりを廊下が巡っており、障子で仕切られた部屋がある。
私は友人とその家に遊びに来ている。
その家は私の親戚の家なのだ。
親戚家は家族が多く、同年代の従兄弟も数人いる(複数世帯が居住しているように思えた)。

夜、家の中にエイリアンは出現した。
どこから現れたのかはわからない。
エイリアンに捕まったら殺される、あるいは喰われるということは一目で理解出来た。
凄まじい恐怖感があったから。
エイリアンは廊下を一巡りする。
どうやら視覚が貧弱なようで、主に音に反応して獲物を探すようだ。
廊下ですれ違いざま恐怖感に捕らわれるが何とか息を殺した(年下の従兄弟の口を押さえていたような)。
やっとやり過ごした、と思ったら回廊となった廊下をまた巡ってくる。
私は気付いているが、他の親戚は眠っているので、音を立てていつエイリアンに襲われるかわからない。
私は十分に距離が開いたところで、わざと音を立てて玄関から外に出る。
と、追ってきた。
死にものぐるいで逃げて鍵を開けておいた勝手口に飛び込み鍵を掛ける。
やっと外に追い出した、と思ったのだがおそらく開きっぱなしになっていた玄関から再び侵入してきた。
マヌケ。

エイリアンに追われ、今度は勝手口から飛び出す。
もう空は白んでいた。
と、勝手口のすぐ傍にある薪小屋がぼうぼうと燃えている。
すぐ傍に年上の従兄弟がおり、どうやら彼が火をつけたらしい。
彼と協力してエイリアンをおびき寄せ、燃える薪小屋にエイリアンを蹴り込んだ。


記憶の曖昧なところを多少筋道が通るように補完してはいるが、だいたい↑のような夢だった。
何故今時エイリアン?と思わなくもないが(笑)、映画「エイリアン」は劇場に見に行ってものすごく怖かった映画なんだよなー。
殺される、喰われる、恐怖もあったが捕まると自分が自分でなくなってしまうという自己喪失の恐怖もあった。
発狂するというのでもなくて、むしろ肉体的に人間でなくなってしまうような。
寄生されるというか、フェイスハガーに卵生み付けられるみたいなそんな恐怖かな。
デザインはギーガーのエイリアンそのまんまだったが、動きがゴジラみたいにのろかったので助かった(汗)。

舞台の家屋は時々私の夢に出てくる。
母方の祖母の家に印象が似ているけど、構造は全然違う。
なんなんだろう?



予告のナレーションは小林清志さんだったんだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


独裁政権?の夢
なんかいきなり暑くなって参っている(汗)。
明日は20℃代後半ぐらいになるとか!
いきなり初夏並みの暑さかよ><。

数日前にヘンテコな夢を見たので記録。
とはいえあまり詳細には覚えていない。
記憶にある限りで書いてみる。

まず一人の人物(おそらく男性、顔は見えない)が片手に三本の抜き身のナイフを手にしており、器用にそれを扇子のように開いたり閉じたりしていた。
いずれも片刃のフォールディングナイフのように見えた。
人物は終始無言で、この夢の中に何度か現れた。
彼に会う度に私は死の恐怖を味わっていた。

私の住んでいる場所は独裁者の圧政に苦しめられている。
独裁者とは市長であり、ビジュアル的には私の住んでいる市のリアル現在の市長だった(笑)。
市長が命じて機関砲?ガトリングガン?で市の歴史ある建造物を破壊する場面があった。
古い石造りの建物で、市章でもある美しいレリーフを破壊する。
市章、なんとなく真実の口みたいなデザインだったよーな。

とあるビル内で生物兵器の実験も行われていた。
軍隊(自衛隊だったのか?)の特殊部隊がそうとは知らずにそこで演習を行っている。
建物内には犬や猫が集められており、それらは生物兵器におかされている。
私は何故かこの建物内におり、動物たちの中にうちの猫の姿を見かける。
あぁ、もうあの子とは会えないんだ、と少し悲しい思いをした。

…という訳わからん夢でした。
夢を見ている時はもう少し脈絡があったと思うのだけど。

テーマ:日記 - ジャンル:日記