マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
缶バッジワークショップにモバイルプリンター導入のこと02
缶バッジワークショップにモバイルプリンター導入のこと01の続き。

A6サイズで作った缶バッジデザインをiPhoneから自宅のプリンターで印刷してみることにする。
Wi-Fi機器同士のダイレクトモードで。
給紙トレイに入っているのはA4紙だがまぁいいや、と思ったのだが…。
給紙トレイに紙がない、と怒られた(汗)。
私の使っているプリンター、給紙トレイが二つある。
A4専用とハガキサイズ以下のもの。
ドライバーで印刷サイズ、用紙をハガキ設定していたのでこうなったらしい。
ちなみにA6サイズとハガキサイズは殆ど同じ大きさ。
A6が105×148.5mm、ハガキは100×148mmだ。
紙をカットするのが面倒だったので(汗)、原稿データの大きさをL版に直してL版光沢紙で印刷してみることに。
ドライバーではフチありフチ無しが選択出来る。
少し嫌な予感がしてフチあり印刷してみると…。
なんだかテンプレの切り取り線が少し小さいような…。
定規で計ってみるとやはり小さい。
5mmぐらい。
続いてフチ無しで印刷してみる。
今度はでかいんだな(汗)。
うーむ。
iPhone用のドライバーでは余り詳細な設定は出来ない。
こちらで作ったデータ通りに印刷してくれればいいのだが…。
画像印刷すると勝手に縮小、拡大してしまうようだ。
A4紙に印刷すると大きく拡大されて印刷される。
データ実寸通りに印刷して貰えないならデータの方をプリンターに合わせて拡大または縮小するしかない。
が、プリンターの癖もあるだろうし、ここは実際に野外で印刷するモバイルプリンターに合わせて調整しなければ意味がない。
というわけで購入したプリンターが届くのを待つことにした。

実はプリンターバッテリーキットの到着日が最悪5月6日となっていた。
イベントに間に合わない可能性もあったが、注文日の当日発送で翌日には届きラッキーだった。
プリンターはAmazon直送だったので心配していなかったが、バッテリーがイベント後に届いたのでは話にならなかったので。
で、モバイルプリンターで同じ事を試してみるがやはり同様の結果。
なるほど。
次にA4紙をA6にカットして原稿データサイズもA6、ドライバー設定でハガキサイズで試してみた。
プリンターの用紙サイズ設定にはA6がないので仕方ない。
と、「用紙サイズが違います」と仕事を拒否された。
なぬ??
↑にも書いた通りハガキサイズとA6はほぼ同じ大きさなんだが…。
融通きかない奴だ。
仕方がないので用紙をハガキサイズにカットする。

何故A6でやりたかったか、というと紙をカットする手間を少しでも省きたかったから。
A6だったらA4を四等分に切ればいいだけなので、楽なのだ。
写真館を辞めた伯父から貰った押し切り君(ペーパーカッター)が実に役に立った(伯父さんありがとう)。

結局ハガキサイズでデータを作り、ドライバー設定はハガキサイズ、用紙はがき、フチ無しで印刷すると2mmばかり切り取り線の直径が大きいことになった。
で、データ修正して再度テスト。
うん、上手くいった!
ここまでこぎ着けるのに結構時間かかったよ><。

という訳で野外イベントでもスマホやケータイからデータを貰って缶バッジが作れるようになった。
やはりお子さんの写真やペットの画像が多かったかな。
それなりのお歳のオバサマの顔出しパネル写真とかもあったけど。
紅白歌合戦の小林幸子的パネルだった(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


缶バッジワークショップにモバイルプリンター導入のこと01
今回Adobe製品の事が主に書かれてます。
興味のない方には全く意味不明かとも思われますので、ご興味のある方のみどうぞ~^^。

今回色々準備に時間が掛かったわけだが…。
一番の問題は野外イベントで来場者のスマホやケータイにある画像をその場で缶バッジその他にする部分だった。

画像ファイルを自分のiPhoneに送ってもらう事はメアドをQRコードに印刷しておくことで可能だと思えた。
QRコードを取得し、自分で試してみたら出来た(バーコードリーダーアプリが無かったのでこれはDLした)。
念のため試しに姉一号のスマホで読み取って貰いメールに画像添付をして貰うことにしたが…。
うちの姉「バーコードリーダーがどこにあるかわからない」とのことで失敗(汗)。
私も姉のスマホを調べてみたのだがどこにあるのかわからなかった。
元々アプリがインストールされていなかったのかも知れない。
ガラケー使いの姉二号で試してみると、こちらは大丈夫だった。
あとで調べてみたら、QRコードって日本では一般的だが全世界的にはあまり使われていないのだそうだ。
なのでiPhoneなど、全世界対象に販売されている機種にはデフォルトでアプリが搭載されていないのだと…。
逆にガラケーには標準搭載されているんだそうだ。
コピペの意味も知らなかったうちの姉一号ならQRコードを使いこなせていないのも納得ではあるが(汗)。
逆にiPhoneならiPhone同士でAirdropという通信方法が使用出来るはずなので、まぁなんとかなるか?と思った。

この部分は一応クリアしたとして…。
問題は画像の編集である。
送ってもらった画像に缶バッジ用の切り取り線(大雑把なレイアウトを示す物となる)を表示させなければならない。
これはPhotoshop MIxというフリーソフトで解決する事にする。
レイヤーが使用出来るので、実寸で描いた円だけのテンプレートを準備しておけばなんとかなりそうだ。
最初はこの円を描いたテンプレートを105×148.5mmサイズ(A6)で作り、透明gifで出力してiPhoneに送った。
テンプレ→写真の順でレイヤーに重ねてみるが、透明gifが透明として機能していない(汗)。
テンプレの円内を選択部分として「切り取り(マスク)」してみるとなんとかなりそうだったが…。
なんかスマートではない。
そもそもPhotoshop MixはPhotoshopファイルが扱えるはずなんだが。
何故gifにしたかというと、icloud経由でPhotoshopファイルをiPhoneのカメラロールに送ってみたが、ファイルは共有になっているはずなのにiPhone側では画像ファイルとして認識されないようで、しかたなくgifにしたのだった。
ブレンド機能の「比較(暗)」で、基本イメージ通りには出来るのだがこれではテキストやオーナメントを挿入したりするときに不具合が生じる。

要するにiPhoneにPhotoshopファイルを受け渡しできればいいということだ。
Photoshop Mixの使用法を調べてみる。
最初に読んだサイトにAdobeCCのクラウドサービスを使って、ライブラリフォルダーに使用したいファイルをアップロードしておくこと、みたいな記述があった。
AdobeCCは有料サービスだが、クラウドサービスだけなら無料でも使えるらしい。
私の使用しているのはAdobeCSの古いバージョンでアプリケーションからは使用出来ないのでブラウザベースで試す(月5000円支払うほどAdobe製品を使用していない/汗)。
…何故かライブラリにアクセス出来ないんだよな(汗)。
ファイルのあるフォルダからファイルをライブラリフォルダにドロップしても弾かれてしまう。

この段階でゲーム仲間のDTPなどを仕事にしている友人に相談してみた(ちょうどゲームプレイの日だった)。
が、結局原因はよくわからず。
私もクラウドの事などがよくわかっておらず、説明不足だった。

が、その翌日解決した(汗)。
最初に参考にした解説サイトがAdobeCCのライブラリと書いていたからそこにこだわってしまったが…。
実はCCの画面を開いて、そのまま直接ドロップ、またはPhotoshopフォルダにドロップでOKだったのだ!
で、iPhoneのPhotoshop Mix側からはライブラリではなくてその隣のCreative cloudからPhotoshopファイルは開けたのだった(汗)。

これで写真画像とテンプレを同じアプリのレイヤー上に開ける事となった。
あとは画像の大きさを手動で調整してやって印刷すればOK。

が、ここからがまた苦難の連続だった…><。

以下次号。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


缶バッジワークショップ終了
取りあえず昨日で終了。
何故この土日もやらなかったのか?というと…昨日今日と一週間ぐらい前から雨予報が出ていたから。
荷物の搬入搬出で予備日を1日とるつもりだった。
となると…5:6日が雨なのにイベントやって7日に撤収??
晴れていなければ撤収も出来ないが、雨だと人の来ない野外施設である。
というわけで自らの疲労のことも考えて5日で撤収にしたのだ。
…実は昨日も今日も晴れたのだが(汗)。

昨日はとうとうバッジのパーツが無くなってしまった。
思いの外多くの方にご参加頂いたことになる。
他のパーツ(キーホルダーやらストラップやらマグネット)のパーツはまだあったのだが、そのタイミングで姉から電話があり今なら都合がいいから車で迎えに行ってやる、とのこと。
一人で撤収となると二回往復しなければならないので、ありがたく便乗することに。

で、唐突だがその夜履いていたスラックスのジッパーが壊れた(汗)。
つまんでジッパーを上げたり下げたりする部分(なんという名前か知らないが)、ジッパーの左右が噛み合ってる部分だがあれが噛み合わなくなってしまった。
…家に帰ってからで良かったよなぁ、と心底思った(汗)。
神様っているのかもしれない。
学童の仕事に着ていく服の一つだったので、今日は服を買いに出掛けていた。
季節も変わったし。
ついでに100均の梯子をしてシールを補充。
子供達に人気だったディズニープリンセスのフレークシールがないかな?と思ったのだが、同じものは見つからなかった。
が、それとは別にディズニー系のシールが沢山見つかった。
某ダ○ソーで。
こんなの今まで見かけたこと無かったのだが、「新商品」というポップがついていたので最近の商品なのだろう。
その他の商品をぶらぶら見ていると、iPhone用のレリーズシャッターを発見。
5・6用となっていたが、SEでも使えないかな?と思って購入。
普通の三脚にiPhoneを取り付けるためのアダプターと、タッチペンも。
iPhone用レリーズシャッター(要するにカメラ用の有線リモコンだ)は実はアニメーションが作れないかと思っていたので欲しかったのだ。
当然三脚も必要となるので、アダプターも購入した。
200円でそろうとは思ってなかったのでラッキー♪
タッチペンは時々上手くタッチ出来ないのか、iPhoneが反抗的なので欲しかった。

レリーズは取りあえず使用出来るようだ。
アニメ作りは…先になるだろうな(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


今日も缶バッジワークショップで疲れた(汗)
やたらとお客さんが多くて疲れてしまった。
女の子に見とれているどころではない(笑)。
売上からすれば昨日の倍以上、100人近くワークショップに参加して貰ったことになる。
今回購入したモバイルプリンター代は今日でペイ出来た(笑)。

スマホ、ケータイからのプリントサービスもします!というポップも作っておいたのだが、結局使用しなかった。
開店準備をしている段階から既にワークショップ参加希望者が並び始めていて、それどころではなかった。
ひたすら一日中缶バッジマシンを操作していたような(汗)。

夕方、施設を借りている時間の関係でお客さんが途切れた時に店じまいしようとしていた。
この時点で結構へろへろ(汗)。
と、バッジ作りたい~、と子供さんが。
未就学児かな?
店じまいしながらもOKしたのだが…。
やはり疲れているとミスするものだ。
缶バッジはバッジの表側のフィルム、デザインした紙、パーツ、バックパーツで構成されている。
バックパーツを選択する事でバッジにしたり、キーホルダーやストラップにしたり、マグネットにしたり出来る。
キーホルダー希望だったので、キーホルダー用のバックパーツを手に取り…。
この時点でもう一組別の参加者が(汗)。
作り方の説明をしてから改めてキーホルダーを作ろうとしたのだが、バッジマシンでプレスするとちょっと手応えがいつもと違う。
取り出して見ると特に問題なさそうだったので、キーホルダー用の別のパーツをつけようとしたのだが…。
これが上手く嵌らない(汗)。
このパーツを取り付けてから、リングとキーホルダーのホルダー部分を取り付けるのだが。
よくよく見てみるとバックパーツが二枚重なっていた。
キーホルダー用のバックパーツは直径1.5cmぐらいの穴が開いているのだが、二枚がぴったり同じように重なっていて気付かなかったようだ。
二枚重なっているとバックパーツが微妙に歪んで、リングを通すパーツが上手く嵌らないようなのだ。
仕方ないのでもう一つ別に作ってもらった。
失敗したものはせっかく作ってもらったのでシールで安全ピンを取り付けるタイプのバッジに加工した。
無料でお渡しする。

今回から導入のモバイルプリンター。
電源のスリープモードが働いてすぐに電源が落ちてしまう(汗)。
たんびに電源を入れなおし、Wi-Fi接続をし直さなければならないのが少し難点だ。
写真からバッジにしたら「仕上がりが思ったほどよくない」みたいに言われたりとか。
普通紙への印刷になるのでしょうがないんだよな、画質は。
通常の光沢紙は厚すぎて、バッジにするには不向きなのだ。
これは今後の課題かなぁ~。

今日忙しすぎたので、明日のバッジパーツが少し心許ない。
バッジで200、キーホルダーとストラップ、マグネットで各50準備しておいて3日だったら十分な数があると思っていたのだが…。
明日は雨という予報が一週間前から出ていて、大丈夫だろうと思っていたがどうやら明日は晴れるらしい。
…無くなったら早じまいするしかないな…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


缶バッジワークショップで少し疲れた…
某所で缶バッジワークショップをやっていたのだが、少し疲れた(汗)。
参加者に波があって…忙しい時は忙しいが、暇な時は誰も来ない(笑)。

準備不足とは思わないが、色々想定外のこともあった。
モバイルプリンターによる画像をメールで頂いてからの印刷は上手くいったが…。
その場で普通に写真プリントの依頼も。
というわけで、帰ってから「写真印刷します!」のポップを作っていたりしたのだった。

↑は前振りでここからが本番なのだが…。
美少女っているんだなぁ、と思った。
こんな地方でも。

何度かブース前を通りすぎていて気になる様子。
女の子だ。
少し歳の離れた弟さんを連れて再度やって来た。
弟さんをダシにして自分がバッジ作りたかったんだと思う。
中学生ぐらいだと思うのだが(私の勘では中一)身長はおそらく165以上はある。
年齢相応に胸はぺったんこだったが(汗)、化粧っ気もないのに整った顔立ち。
胸はともかく脚は長くて「こりゃ数年したらもてるだろうな」と思った。
脚の筋肉の付き方からしておそらくスポーツをやっているだろう。

こちらが用意していたテーブルで、絵を描いていた。
絵を自分で描く子は案外少ない。
未就学の怖い者知らずの子供か、ある程度絵が描ける人自信がある人に限られる。
それ以外の人は、こちらで用意したシールを使用する事が大半だ。
テーブル…高さ90cmぐらいでその女の子にはあからさまに低い。
ミニでは無かったが膝丈ぐらいのスカート。
しゃがんで描いていたので椅子をお貸しした。
見ていられなくなったので(なにか特別なものが見えたわけではないが/汗)。

ゲームか漫画アニメのキャラクターだったのだろうか。
可愛く描けていた。
おそらくディフォルメしている。
写真を撮らせて貰ったら良かったな~。
彼女じゃなくて、バッジの写真を(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記