マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
養命酒とゴルゴ13のコラボスキットル!
養命酒と言えば…

朝~は明るく養命酒!夜~は楽しく養命酒!♪

…なイメージだった、私は。
↓動画参照。



子供の頃、うちにも常備されており毎日飲む事が日課だったような。
とはいえ付属の小型計量カップ?一杯(3ccぐらい?)だが。
正直美味しいものではないし、嫌で仕方なかった。

先日、ネットを見ていたら養命酒の広告を見かけた。
なんと!
ゴルゴ13のイラスト入りスキットボトルが貰えるとかなんとか。
思わず笑ってしまった。

17227512705274296532.jpg

「詳しくはこちら!」をクリックしなかったので詳細はわからないが、まぁ普通に考えれば養命酒を購入し付属している応募券を送付すればゴルゴスキットルが当たる、ってことだろう。

殺し屋ゴルゴ13と養命酒の組み合わせのギャップがおかしかった訳だが、↑の動画を検索した際に見つけたニュースなどによると、既に何度も同様のキャンペーンは行われているんだそうな。

「ゴルゴ13」。
とにかく長期連載されており、私もちょこちょこは読んだがストーリーを全て把握しているわけでもなく、ファンという訳でもない。
暇つぶしに読むには良いのだが、特別面白いとも思えない、正直なところ。
以下、私なりのゴルゴ13の印象(キャラクターのゴルゴ、である。特に調べて書いてはいない)。

年齢不詳の日系人の男性、デューク・東郷と名乗る。
世界最高の殺し屋、主に銃器による狙撃を得意とする。
愛用の狙撃銃はコルトM16カスタム?。
他人に背後に立たれるのを嫌い、クライアントと話をする時にも壁に背を預ける。
基本無口(連載当初は結構喋ってたんだが…)。
依頼料は最低で5万ドル程度。
女性との濡れ場描写は多いが、ゴルゴ自身が性欲を満足させる描写はない(隙を見せないためか?)。

…こんなところかな…
愛用銃の分解・組み立て可能なM16カスタムと思えるライフルで、2km先の標的を狙撃する回があったと思うが、かなり無茶なのでは?と思った。
その回では警察に逮捕されるのだが、「2km先の標的を狙撃する事は不可能」とのことで釈放されていたような(結構曖昧な記憶だが)。

ゴルゴのルーツを探るエピソードも結構あって、どれが本当なのやらよくわからないが、旧ソ連の優良人種創造計画により生まれた、との話が印象に残っている。
これたしか二次大戦前だか戦後が舞台だったと思うのだが、一体ゴルゴ何歳なんだよ、というのは突っ込んでは行けないところなんだろうなぁ。

故出崎統監督によって映画化もされた。



↑は2008年のテレビアニメ版…のようだ。

テーマ:ゲーム、アニメ、その他 - ジャンル:ニュース


ネットの広告が最近女性用ランジェリーばかりなんだが…
タイトル通りで、何故かニュースサイトなどで表示される広告が偏っている。
少し前はバルーンの広告ばかりだった気がするのだが…

ちょっと前にブラが銃弾から女性を守った!?なんてエントリーを立てたが、ドイツ警察ニュースの記事検索をした際のグーグルキーワードとかが広告に反映されているのかなぁ。
このあたりの仕組みはどうなっているのか、私にはよくわからない(汗)

広告、基本西洋系の外国人モデルさん(ひょっとしたら日本人とのハーフ?)が、商品を着用しているバナーが表示される。
純粋日本人っぽいモデルさんは皆無。
クリックしたことがないのでその先のサイトでどうなっているのかはよくわからないが…
日本人モデルだと、妙に生々しくなってしまう、という配慮なのかな。
どこかマネキンでも見ているような、リアリティのない画像に見えて(私があまり外国人と接していないからかも知れないが)色っぽくは感じない。

同じ広告主だと思うのだが、数日毎に画像は差し替えられる。
モデルさんも異なるようだ。
結構費用かけて広告しているのだろうが、私にアピールしても買い上げはないので(笑)もう少し有用な広告手段をとった方がいいのでは?と人ごとながら思ったりする。

以前、ネットショップのセミナーに参加した折、「毎月広告料に最低10万円は使って下さい」みたいな事を言われた。
出品サイトはヤフーショッピングを推された。
一昨年だったか出店無料になったからである。
顧客情報流出とかがあって、私はヤフージャパンはあまり信用していない(楽天でもAmazonでもあったが)。
講師を信用できなければ、セミナーを受ける意味も無いわけだが、あまりのヤフー推しに少々閉口してしまった。
ってか、バックマージンでも貰ってるんじゃないだろうな?とさえ勘ぐりたくなってしまった。
うちのような規模の事業所にとっては月10万円の広告料ってバカにならないのだ。
パートさんがひとり雇える額だもんなぁ。

しばらくは女性モデルさんの広告を見る事になるのかも知れないが、そのうちまた別の広告に差し替えられるのだろう。
…その前に一度くらいクリックしてみるべきだろうか?(汗)

テーマ:日記 - ジャンル:日記


広告バナーを収集してみることにした
本日、…特に書くことを思いつかなかった。
しばらく前にブックマークしておいたニュースを取り上げようかどうしようかと迷っていたりしたのだが…
実は↓のニュース。

小児性愛者向けの“子ども型”セックスロボット!? ― 進化する性ロボット開発と人間の欲望研究
2014.08.04


性行為対象のロボットって、いわゆるセクサロイドだよな。
オランダでそんなのを推進するニュースがあったなぁ、とかフィクションでは「ファイブスター物語」のファティマが…とか色々考えていたのだが、どうにもうまくまとまらない。

で、気になったのが広告リンクバナー。
性関係のニュースを扱ったWebサイトでは珍しくないのだが、エッチな漫画?やゲームのバナー広告はよく見かける。
このバナー、大抵はGIFアニメのようである。
単に醜悪に感じるだけのものもあるが、妙な可笑しさを感じるものもある。
下ネタと言えば下ネタなのだが…
これらを収集保管しておくのも、何年後かには何らかの資料として価値あるものになるかもしれない。
とか、ちょっと思ったのだ(汗)
収集、保存してそのうち論文でも書いてみるか??

これでアフィリエイトをするつもりはありません。
なのでリンク無しで画像だけ紹介させていただくつもりです。
不特定多数に開示されている広告であるので、著作権法には触れないと私は判断しますが著作者からの異議申し立てがあればコメント欄にその旨書き込みいただけるとありがたいです。
できるだけ速やかに、削除させていただきます。


…ということでよろしくお願いします><

なお、前述のエッチな?広告のみならず私が気になった画像はジャンル問わず紹介させてもらうつもりでもある(笑)

というわけで記念すべき第一回は↑のリンクサイトにあった広告バナー。

バナー001

この二枚の画像からなるGIFバナーから読み取れる情報。

①若手美人女子社員、一之瀬さんはオフィスの給湯室で居眠りしてしまった。
②一之瀬さんは暑いと眠くなってしまう。
③一之瀬さんは泥酔しているようだ(職場なのに何故?)
④居眠りしている一之瀬さんを上司の中年男性社員が発見。
⑤男性は一之瀬さんの髪の毛?を口に含む??

…たった二枚の画像+キャプションにこれだけの情報が組み込まれている。
その後どうなるのか?
気になる方はクリック!
…ということなのだろう。

この先の展開を考えてみる。
男性社員が無防備な一之瀬さんに襲いかかる。
…というのはあまりにストレートすぎて面白くないか。
ってか私は殆どいわゆる成人向けエッチ漫画とか同人誌とかを読んだことはないのだが、読んだ限りではこの手の作品、非常に安易な展開が多かった。
ストーリーなど皆無、最初のシチュエーションだけで男女の絡みというか、ようするに女性キャラの姿態を描く事がメインであった。
「山無し、オチ無し、意味なし」なのである。
最近のものはどうなのかよく知らないけれども。

少し変則なパターンとしては、一之瀬さんの泥酔は演技で男性社員を誘っている、ってのもありかもだが…これもつまらないな。
う~ん。
なにか面白い展開はないだろうか。

考えてみれば一之瀬さん、女性であるとは一言も書かれてはいない。
長髪なので「女性」と私が決めつけてしまっただけだ。
顔アップのみで体型もよくわからないし。
一之瀬さんは男性なのかも?
薔薇な世界の物語だったとか…
あるいはこの上司にしても男性であるとは明確には描かれていない。
ごつごつした感じの顔の下半分から喉元が描かれているが、必ずしも男性とは限らない。
ってことは百合の世界の物語とも考えられる。

いや、人間であるかどうかもわからないではないか!
一之瀬さんは物体Xであるかもしれない。
あるいは男性上司の胸を食い破っていきなりエイリアンが「こんにちは^^」とか。
給湯器の蛇口をひねると人食いアメーバがどろどろ流れ出してくるとか。
そうか!
そのための給湯室!!
意外な伏線だ。


いや、まぁ、その…
あまり安直すぎる展開もどうなのかと(汗)

しかし、広告から想像される展開を期待するのが消費者だろうし、それに応えなきゃ商売は成り立たないか。

また何か気になるものがあれば紹介するかもである(汗)

テーマ:日記 - ジャンル:日記