マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
昨日の双六の続き
昨日書いた児童に工作でさせる双六作りの続き。

とりあえずサンプルとして一つ作ってみることに。
最近の小学生、テレビゲームなどで親しんでいるのかファンタジーゲーム用語には精通している。
RPG的な要素も考えているのでここは素直にファンタジーテーマで、とは考えていた。
スタートから初めてゴールにいる大ボスモンスターを先に倒したら勝ち、で勝利条件は問題無いだろう。
プレイヤーには上限10でHPを設定するつもりだ。
もちろん途中でイベントマスに止まればイベントが起こる。
モンスターとの戦闘やアイテムの入手、回復など。
アイテムは…最初は無しにしようかと思っていたのだが、HPの管理だけでは単調なゲームになりそうだったので要素として加えることに。
本当はプレイヤーの使用可能な魔法も取り入れたかったが、複雑になりすぎるために辞めた。

この程度までは考えていたのだが、今日は具体的にイベントの数やモンスターの種類やバランスを考えていた。
スタートからゴールまでのマス数は30マス程度で考えている。
必ず止まらなければならない中ボスマスやショートカットルートも設置するつもりだが、平均で35マス程度。
つまり一人のプレイヤーは一ゲームで10回移動のサイコロを振ることになる。
HPが0になったり(この時は一回休みとなりスタート側の一番近い回復ポイントに移動となる)で、実際にはもう少し回数は増えるだろうが。
1.5倍増しで各プレイヤーの手番は15回と考えてみる。
そのうちの半分がイベント。
ちょっと多いが、そのほうが子供は退屈しないだろう。
さらにそのイベントのうち3/4をモンスターとの遭遇と考える。
つまり約6回モンスターとの遭遇があるわけだ。
そのうちの一回は大ボスとの遭遇。
どの分岐ルートを通っても中ボスと2~3回は遭遇させるつもりなので通常モンスター(ザコ)との遭遇イベントはそれを意識して造らねばならない。
戦闘ルールはここでは書かないが、移動手順の半分では何事も起こらないのだから一手順の所用時間は平均1分ぐらいじゃないかな?
初めてやる時はもっとかかるかも知れないな(汗)。
一人プレイヤーの所用時間が15分、4人だったら1時間、で終われるぐらいのゲームにしたいんだが…。

大ボスはわかりやすくドラゴンにするつもりだ。
ドラクエとかは流石にみんな知ってるみたいなので。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


双六を自作する
夏休みの間学童のクラスで様々な工作をさせたりしている。
させる、とはいえ必ずしも強制ではない。
やりたい児童がやる、という形だ。
まぁ、一種のワークショップというか。
先日は牛乳パックを利用してディスプレイして筆立てを作る、というのをやっていた。
こういうのはこういうので悪くはないと思うんだが…。
女子児童はやりたがるが、男子児童は基本手を付けない。
これは工作の企画をする職員が女性ばかりだからじゃないかな?と私は思っている。
私自身はまだ新米なのであまり余計な口だしできる立場ではないのだが…。
何か出来ること無いかな、と前から考えていた。
上記の工作などもディスプレイの材料などで予算を使っている。
夏休みの間の予算は既に決まっているはずだから、私が何か企画しようと思えば予算を使わずに出来ることに限られる。
自分から持ち出し申し出るのもどうかと思うし。
あと室内で出来ることが必須条件である。

で、しばらく前から考えていたのが双六作りであった。
私も子供の頃よくやった(笑)。
これなら紙と鉛筆さえあればできる。
紙はA4用紙が今も児童の落書き用に提供されているので問題無いだろう。
完成すれば自作の双六で遊んで貰う。
時間稼ぎも出来るし(笑)、自作のゲームの評価も出来る(してもらえる)。
サイコロはトランプで代用できるし、場合によっては私が貸し出しても良い。
6面サイコロは2~30個ぐらいなら持っている(T&T様々だ)。
何より言語表現や確率など、総体的なゲームバランスで頭を使うことを要求され色々学ぶところが多いのではないかな、と思うのだ。
またコミュニケーション能力も要求される。
それが楽しく出来ればなによりだ。

問題は…上の職員の理解が得られるかどうか?なんだよな。
ここでは↑のように書いたが、実はパラグラフ小説作成的な意図も私は持っていたりするのだった。
サイコロを振るだけでなく、多少のアクション要素?も入れる予定。
一度自分でサンプルを作って相談してみるしかないかな。
あまり細かい事は説明するつもり無いが。
おそらく理解不能だろうし(汗)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


友人自作のオリジナルTRPGをプレイした
今日もへんてこな夢を見ていて今日こそ夢日記を書こう!と思っていたのだが、またもやすっぱり忘れてしまった(汗)。
というわけで数日前にプレイしたゲームに関して。

ゲーム名を明かして良いものかどうかわからないので、取りあえず伏せておく。
問題無いとは思うが(汗)。
テーマはハザード後の世界での冒険。
魔法的な要素はない。
わずかに残された人類居住地を交易しながら渡り歩くトレーダーとその雇われドライバーや護衛達の冒険がメインとなる。
ファミコン、スーファミゲームの「メタルマックス」やアニメの「戦闘メカザブングル」に近い世界観かも知れない(ロボットは今のところ設定にないようだが)。
行為判定は2d6を使用した能力値プラス技能値を基本とし、目標値以上の上方ロールがメインとなる。
今回はテストプレイと言うことで参加した。

キャラ作成を行うと、まぁまぁ能力値の高いキャラクターが出来た。
その後、能力値を一つだけ振り直してもよい、とのことだったので振り直すと結構良い目が!
さらにランダムなボーナスで能力値+1してよいとのことで身体能力はかなり高いキャラクターになった。
頭も悪くはないが、取りあえず戦闘系キャラに。
相棒となるもう一人のプレイヤーはトレーダーとなった。

初期装備品の選択をして買い物。
しかし所持金は流石にダイス目がへたって(汗)、ろくなものを買えない。
初期装備品でサブマシンガンと弾薬をもらい、小型のオートマチックピストルと弾丸を最小限購入したら所持金はほぼ0に近くなった(汗)。

PC同士の関係は…。
相方は能力値が低めだったためか若いキャラということになったので、私のキャラ(クラス的にはエスコート、隊商の護衛)は相方の親父さんに世話になったことがあり、今回は「はじめてのおつかい」ならぬ「はじめてのトレード」に同行することになった、ということになった。
つまりベテランエスコート、年齢38歳ということに。

シナリオの詳細は…あまり書くとヤバイかもだが、簡単に書くと道中ガス欠になりガソリン補充に立ち寄った街でガソリンを提供する代わりに依頼を受ける、という流れ。
野盗に襲われたりもしたが、私のキャラは偵察に出ておりNPCエスコートが野盗を全てやっつけるという結果に(汗)。
一応加勢が現れないかと警戒したりはしていたのだが。
結局銃弾は一発も撃たなかった。

活躍所?としては街のNPCとの交渉で「若旦那」(笑)が頼りなさそうだったので叱責したことぐらいか?
ただ、こいつは交渉技能ないんだよな(汗)。

次回があるかどうかわからないが、出来れば続けてプレイしてみたい、と思った^^。

↓何度か貼り付けたと思うが「ザブングル」のop。
主人公メカのザブングルとアイアンギアーだけ、デザインが異質だ。
他は現用工作機械をロボット型にしただけみたいな感じなんだが…。
アイアンギアーの変形は大胆で結構好きだけど。
ハンドルで運転(操縦ではない)して、ワイパーがついている主人公ロボってザブングルでしか見られないかも?。


戦闘メカザブングル OP ED 【HD】 投稿者 Gokokuji-Kuro

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム


絶対解けない小学4年生向けの算数の問題
昨日こんなのがニュース?になっていた。

韓国で「正解率0%」とうわさの小4算数の問題、あなたは解ける?

以下抜粋引用。

ある韓国人ユーザーがツイッターに投稿した、小学生向けの算数の問題が話題だ。「昔、算数をやった皆さん、一度解いてみてください」と呼び掛けたこのツイートはその後1万回以上リツイートされているが、正解できたという反応は見当たらず、「誰にも解けない問題」とも呼ばれているという。

「(小学)4年の娘の数学問題集」にあったというその問題は、こんな内容だ。「熊1匹が寂しく暮らしていました。餌を探しに家を出て南に10キロ行った後、方向を西に変えて10キロさらに進みました。そこから今度は北に方向を変えて10キロ行ったところ、自分の家に戻ってきていました。この熊の色は何色でしょうか」。

距離や方向の話をしていたところで突然「色」を問う問題にツイッター上では驚きの声が多く上がったようだが、同問題集によると、この問題を解くカギは「観点を変えてみること」だという。

同じく投稿された解説と回答はこうだ。
以下略。

答えは↑のリンク先にある。

以前似たような問題をやったことがあったので、私は答えがわかった。
が、これ算数や数学の問題ではない(汗)。
どちらかと言うととんちクイズというか…。

一つ思い出したのはスティーブ・ジャクソンのゲームブック「ソーサリー!」の第二巻。
舞台となるカーレの街を脱出するには4つの呪文を集めなければならないのだが、立ち寄った寺院でその一つを入手できる。
ただ謎かけに答えなければならない。
答えられなければ天秤の神リーブラへの信仰を捨て、スロッフスラング神に宗旨替えするよう求められる。
この時の謎かけがこの問題に似ているのだ。
今回このニュースを読むまで気付いてなかったが(汗)。

その時の謎かけは(本を引っ張り出してくるのが面倒なので記憶だけで書くが)概ね↓のようなもの。
「巨人が○(東西南北の方角)に何ハロン歩いて種をまいた。さらにそこから●に向かって何ハロン歩き種をまいた。今度は△に向かって何ハロン歩き種をまいた。…さて、巨人の好きな色は何だ?」
謎かけをする司祭は先の質問は冗談だと明かして改めて別の質問をする(実に簡単)。

思うにジャクソンは最初のニュースの問題を知っていたのだろう。
その上で読者を混乱させるためのブラフとしてこの問題を利用したのだ。
最初の問題の答えをあらかじめ知っていた人は、「巨人の好きな色」で混乱したはず。

今さらだが、色々考え抜かれたゲームブックだな…。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


論理パズルに頭を悩ませていた
以前TRPGのマスターをやった際にシナリオに論理パズルを取り入れたことは書いた。
十代の頃からわりと好きで、その手の本を何冊か読んだ。
実際自分で解けたり、パラドックスを指摘できることは稀なのだが(汗)。

今日ネットで以下のようなパズルを発見した。

この問題解いたらIQ160以上wwwww『渡し船の家族』
2016年06月13日:20:14


以下抜粋引用。

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/11(月) 02:33:20.014 ID:FNz96Cpcd
ある家族「父・母・娘が二人・息子が二人・召使い・犬」が大きな川を渡ろうとしています。
船は一つしかありません。しかも乗れるのは二人だけで一人は運転手がいります
運転できるのは父と母と召使いだけで父は母がいないと娘を虐待してしまい母は父がいないと息子を虐待し、犬は召使がいないと家族に噛み付いしてしまいます
どういけば誰も傷つかずに川を渡れるでしょう。何回往復してもかまいません。
犬も一人とします。

船も上も被害が出ます
船を戻すのにも運転手が必要です


誤字があったりもするが原文ママ。
言葉の選択が適当でないところもあるが、意味はわかる。
これと似た問題を以前やったことがあるので手順は複雑になるが余裕だろう、と思ったのだが…。
犬と召使いは常にペアで移動しなければならない、というところから考え始めた。
…が、結局正答できなかった><。

暇な方は挑戦してみられても良いかも。
答えはリンク先にあります。

…しかしひどい家族だな(汗)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記