マッドハッターの保存の壺ブログ
ゲーム、小説、オカルトニュースなど気になったことを、日記として徒然に書いていく予定です。
プラ板工作
今日は特に書くことを考えていなかった…ので日記。

数日前学童の仕事でプラ板工作をやった。
プラ板に絵を描き、トースターで加熱して縮めるアレである。
私も子供の頃よくやった。
中学生ぐらいの時だったろうか。
透明プラ板を使用するので簡単にトレスできるし、多少荒いタッチでも収縮するので絵が綺麗に見えるのだ。
で、その数日前に工作係というか主にトースター係を仰せつかった(汗)。
子供達が間違っても火傷などしないようにということだろう。
私も実際にプラ板工作するのは数十年ぶりなのであらかじめネットでやり方を復習しておいた。

と、とあるサイトに「絵は油性ペンで描くこと」とあった。
必要な道具は既に買いそろえてあり、ペンはポスカが大量に用意されていた。
ポスカって確か水性だよな、と思ったので翌日確認してみるとやはり水性。
生徒達に工作をさせる前日だったが、責任者の指導員がたまたまお休みである。
大丈夫かな~、と思ったが休日にわざわざ電話するのもはばかられた。
その指導員の方は何度もプラ板工作やってらっしゃるようだったので、大丈夫なのだろう…。
結論から言うとポスカでも大丈夫だった。
ただ、その方は絵を描いた後にインクが乾くまで時間を置いていた。
油性ペンを使え、というのはプラ板を切ったりする時にインクがかすれたりしないようにということだったのかも知れない。

例によってこの手の工作は女の子の方が興味をひかれるようだ。
我先にとトースターの所にやってくる。
また、パンチが準備されており穴を開けてストラップにすることも出来るように準備されていた。
パンチしてくれとか(プラ板なので結構力が必要)、ストラップが上手く通らないからやってくれとか、一時期混沌とした状態になった(笑)。

この工作の難点は、実際に書いたものと比較して縦横比が若干変化してしまうことにあったりする。
おそらくプラ板の特性でどちらかの方向に縮みやすいのだろう。
気付いているのかいないのか、子供達はとても喜んでいたが。

缶バッジのワークショップにも取り入れられないかな、と少し考慮中。
トースターが必要なのが難点なんだけど。
必ずしも電源準備出来るところばかりじゃないからなぁ。
関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記


コメント
あー、これ私も小学生のころ何かのイベントでやりました。絵だけ描くとキーホルダーに加工してもらえるやつで。

下絵は上手くいったつもりだったのに仕上がりが微妙にいびつであれ?となった覚えがあるんですが、加熱で縦横比が変わるのが原因なんですね。
たしか自分の誕生花を描いたんですけど、ちょっとバランスが狂うと変に見えてしまうタイプの花なのもあるのかもしれません。細かな線を描きこむよりざっくりカラフルなタッチの方が綺麗に仕上がるのかな?

2017/03/22(水) 00:46:46 | URL | eHolly #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
お疲れ様です^^。

プラ板工作Hollyさんもされてましたか(笑)。
縦横比のことについては子供の頃やっていて何となく気付いてました。
お気に入りの絵をトレースしても、その通りに再現されないので…。
でもそれを前提に絵を描こう、までは流石にやらなかったですね(汗)。
どの方向にどう縮むのかわからなかったし。

何故縦横比が変化するのかに関しては今調べてみたら↓がヒットしました。

http://www.mini-mono.net/material/ops.html

まぁ、こんな理由なんだろうな、とは思ってましたが…。

子供達は主に20cm×15cmぐらいの大きさでポケモンのキャラクターを描いたりしていて、縦横比に関してはあまり気にしていないようでした。
反面「気付けよ!」と思わなくもなかったんですが…(汗)。

Hollyさんが描かれた花が何かわかりませんが、シンメトリーなものなら気になるかもしれないですね。

子供達もポケモンじゃなくてアンパンマンの顔なら気付いたかも知れない…(笑)。
2017/03/22(水) 22:23:30 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
なるほど、縮尺率も決して一定ではなく予測できないんですね。慣れた人は事前にどの方向に縮みやすいか見当をつけておいてその方向に引き伸ばした下絵を描くのかと思ったんですが、何にせよ小さな子供にそこまで器用なことはできそうにありませんしね。

>アンパンマン
それで思い出したのが小学二年の時クラスでやったパン作りの体験学習なんですけど(こっちも生地作りと焼くのは大部分大人の仕事で、子供は手伝いちょっとと最後に丸めて成形する程度でしたが)、焼きあがった中に二、三個ボコボコに殴られたような顔のアンパンマンが混ざってました(笑) 
それが強烈だったのか、もっと後にやったはずのプラ板工作よりもはっきり記憶に焼きついてしまってます。ポケモンは当時まだ存在してなかったはず…(改めて当時の人気キャラって何だったっけと)
2017/03/24(金) 23:00:40 | URL | eHolly #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

>アンパンマン

成形を子供がやった、ということはぼこぼこのアンパンマンも子供の仕業ということですよね?
何故???(笑)。
わざとだったのか単に成形が下手でそうなったのか気になります。
アンパンマンの方が簡単そうですが、私ならバイキンマンのパン作りたいな(笑)。

>プラ板工作

なんでも大人向けのプラ板工作とかも最近はやっているそうで(アクセサリーとかを自作するらしい)、捜せば収縮率が一定のプラ板もあるのかもしれません。

>人気キャラ

定番となるとディズニーキャラやスヌーピー、ムーミンとかなんでしょうか。
ディズニープリンセスやスヌーピー、ミッフィーを描いていた子はいましたねぇ。
2017/03/25(土) 23:36:00 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
確か配られるこぶし大のパン生地に、自前で用意した中身を包むという工程だったんですよ。具はジャムやカレーとかが多かったですが、アンパンマンを作った子たちは小豆餡を持ってきてたんですかね?なお私は板チョコをそのまま持っていき砕いて練りこみました(固かったe-263
ボコボコ顔の焼き上がりはおそらく包んだ後の二次発酵でまた膨らむのを考慮せずに成形したせいではないかと。隣の班の子が作ったアンパンマンはほっぺたと鼻が膨張し過ぎてしまい、こぶが取れる前のこぶとり爺さんみたいになってました。まあなんせ小学二年生の手作業ですから…私もこの年になってもいまだにパンは綺麗に焼けません。

>バイキンマンのパン
紫色はなんで出すかとか中の具は何にするかとか考えると楽しいですよね。もし挑戦される機会があればぜひご披露ください(笑)

2017/03/27(月) 00:30:28 | URL | eHolly #-[ 編集 ]
Re: タイトルなし
>こぶとり爺さん
なるほど~。ほっぺたが膨らみすぎてしまったんですね。
実は私はパンは作ったことがありません。
一人暮らししている時に興味はあったんですが、まともなオーブンを持っていなくて。
実家には業務用のでっかいオーブンがありますが、型が古すぎて私は使い方がわからない…。
今時針が振れるメーターがいくつもついてるのを使っております(汗)。

>バイキンマン
色や具のことまで考えてなかったですが、造形的に面白いかと。
黒は竹炭の粉末、紫は紫芋の粉末で出せると思いますが焼き色がつくとどんな感じになるかなぁ。
白目はグラニュー糖、黒目はチョコでも絞れば…
アンパンマンよりかなり手間かかりそうですね(笑)。
2017/03/28(火) 21:10:36 | URL | マッドハッター #QxbLVY.o[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック